エディション:
日本

経済指標・コメント

BRIEF-7月の米フィラデルフィア地区連銀業況指数は19.5(予想:24.0)、前月は27.6

[ 20日 ロイター] - * 7月の米フィラデルフィア地区連銀業況指数は19.5(予想:24.0)、前月は27.6 * 7月の米フィラデルフィア地区連銀業況6カ月予測は36.9、前月は31.3 * 7月の米フィラデルフィア地区連銀設備投資6カ月予測は42.0、前月は28.6 * 7月の米フィラデルフィア地区連銀従業員数指数は10.9、前月は16.1 * 7月の米フィラデルフィア地区連銀支払価格指数は19.1、前月は23.6 * 7月の米フィラデルフィア地区連銀新規受注指数は2.1、前月は25.9 (※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

BRIEF-米新規失業保険申請件数は233,000件(予想:245,000件)=労働省

[ 20日 ロイター] - * 米新規失業保険申請件数は233,000件(予想:245,000件)=労働省 * 米新規失業保険申請件数4週間移動平均は243,750件=労働省 * 米失業保険受給総数197.7万件(予想:195.0万件)=労働省 (※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

BRIEF-6月の英小売売上高指数、前月比+0.6%=国立統計局

[ロンドン 20日 ロイター] - * 6月の英小売売上高指数、前月比+0.6%=国立統計局(予想:+0.4%) * 6月の英小売売上高指数(除く燃料)、前年比+3.0%=国立統計局(予想:+2.5%) * 6月の英小売売上高指数、前年比+2.9%=国立統計局(予想:+2.5%) * 6月の英小売売上高指数(除く燃料)、前月比+0.9%=国立統計局(予想:+0.5%)

〔需給情報〕日経225期近でJPモルガンが売り越しトップ=20日先物手口

日本取引所が公表している先物取引手口情報(日中 )によると、20日の市場では、日経225期近でJPモルガンが売り越しトップ、ソシ エテジェネラルが買い越しトップとなった。 一方、TOPIX期近ではドイツが売り越しトップ、野村が買い越しトップとなった 。 日経225先物取引手口情報(日中) 1 2017年07月20日 17年09月限 売り 買い 差し引き JP モルガン 2220

6月コンビニ既存店売上高は前年比‐0.1%、4カ月ぶりのマイナス

日本フランチャイズチェーン協会が20日発表した6月の全国コンビニエンスストア売上高は、既存店ベースで前年同月比0.1%減の7834億円と、4カ月ぶりのマイナスとなった。   6月は北日本では雨にたたられ、西日本では肌寒いなど天候に恵まれず、客足がやや遠のいたことで、売上高が前年割れとなった。

〔需給情報〕7月10日─7月14日のプログラム売買、裁定買い残が2週連続で減少=東証

東京証券取引所がまとめた7月10日─7月14日 のプログラム売買状況によると、金額ベースの裁定買い残(当限・翌限以降の合計)は、 前週比722億円減少の1兆6152億円となった。買い残の減少は2週連続。   *東証の発表資料は以下のURLでご覧ください。 http://www.jpx.co.jp/markets/statistics-equities/program/01.html

6月の独PPI、前月比横ばい・前年比+2.4%

ドイツ連邦統計庁が発表した 6月の生産者物価指数(PPI)は、前月比横ばい、前年比2.4%上 昇だった。5月は前月比0.2%低下、前年比2.8%上昇だった。 ロイターがまとめたエコノミスト予想は、前月比0.1%低下、前 年比2.3%上昇だった。 (ーからご覧ください)

6月実質輸出は前月比‐0.9%、実質輸入は+2.0%=日銀

日銀は20日、財務省が公表した 2017年6月の貿易統計を受け、実質輸出入(季節調整済み)を発表 した。 実質輸出は前月比0.9%低下で2カ月ぶり低下。 実質輸入は前月比2.0%上昇で2カ月ぶりの上昇。 日銀の実質輸出入は、財務省「貿易統計」で調査されている財の輸 出(入)金額を、日銀作成の輸出(入)物価指数で割ることにより実質 化。2015年暦年平均を100として指数化している。 日銀が発表した実質輸出入の過去の数値は以下の通り。 2015=100 実質輸 実質輸 出 入 Jan-15 107.1 99.3 Feb-15 99.1 104.8 Mar-15 100.4 95.5 Apr-15 100.8 101.1 May-15 97.3 98.3 Jun-15 97.5 98.0 Jul-15 99.1

経済指標予測

◆国内分 日付 時刻 指標名 期間 ロイター調 単位 前回 RIC 査 7/21 08:50 対外中長期債投資 週次 JPY 839.5 (BLN) 7/21 08:50 対内株式投資 週次 JPY -35.0 (BLN) 7/24 09:30 日経製造業 PMI 速報値 7月

日銀、物価目標達成19年度に先送り 政策は維持

日銀は19─20日の金融政策決定会合で、長期金利目標をゼロ%程度、短期金利目標をマイナス0.1%とする現状の金融政策の維持を賛成多数で決めた。国債買い入れについて残高ベースで年間約80兆円との文言も据え置いた。

〔表〕日銀7月展望リポート:経済・物価見通し

日銀が20日公表した「経済・物価の見通し」にお ける2019年度までの政策委員大勢見通しは以下の通り。 大勢見通しは各政策委員が最も蓋然性の高いと考える見通しの数値について、最大値 と最小値を1個ずつ除いて幅で示した。         ――対前年度比、%。なお、< >内は政策委員見通しの中央値。          19年度は消費税率引き上げの影響を除くケース。               <実質GDP> <コアCPI>  2017年度 +1.5─+1.8 +0.5─+1.3 <+1.8> <+1.1> 4月時点の見通し +1.4─+1.6 +0.6─+1.6 <+1.6> <+1.4> 2018年度 +1.1─+1.5 +0.8─+1.6

企業の資金需要、2四半期連続で悪化=日銀アンケート

日銀が20日公表した「主要銀行貸出動向アンケート調査」(四半期ごと公表)の7月調査では、企業向けの資金需要が「増加」したとの回答から「減少」を指し引いた指数(DI)がプラス3となり、2四半期連続で悪化した。前回の4月調査はプラス4だった。

6月貿易収支は4399億円の黒字=財務省

財務省が20日発表した6月貿易統計速報は、貿易収支が4399億円の黒字だった。黒字は2カ月ぶり。ロイターの予測中央値は4847億円の黒字だった。