エディション:
日本

NYマーケット動向

NY市場サマリー(19日)

<為替> ユーロが対ドルで約1週間ぶり高値を更新。米債利回りの低下に追随した ほか、欧州中央銀行(ECB)の理事会を来週に控え、ユーロは週初の下げから戻した。 また、 総選挙の結果を嫌気し、ニュージーランド(NZ)ドルは米ドルに対し約1 年ぶりの大幅安となった。 終盤の取引でユーロ/ドルは前週13日以来の高値となる1.1857ドルを 付けた。 OFXのシニア為替スペシャリスト、ジェフ・スコット氏は「ECB理事会をにらん だ動きとなったようだ」とし、「ユーロ圏でインフレ圧力の高まりが確認され始めている 」と述べた。 ロイターの調査によると、ECBは26日に開く理事会で1月から債券買い入れ額を 現在の月額600億ユーロから400億ユーロに縮小するとの見方が大勢となっている。 スペイン・カタルーニャ自治州の情勢を巡る不透明性が存在するものの、ECB理事 会を控え市場の反応は限られた。 カタルーニャ自治州がスペイン中央政府が求めていた独立宣言撤回の期限を無視した ことを受け、中央政府はこの日、同州

UPDATE 1-NY外為市場=ユーロ/ドル約1週間ぶり高値、NZドル大幅安

ドル/円 NY終値 112.53/112.56 始値 112.52 高値 112.68 安値 112.32 ユーロ/ドル NY終値 1.1850/1.1854 始値 1.1822 高値 1.1858 安値 1.1823 ニューヨーク外為市場では、ユーロが対ドルで約1週間ぶり高値を更新。米債利回り の低下に追随したほか、欧州中央銀行(ECB)の理事会を来週に控え、ユーロは週初の 下げから戻した。 また、 総選挙の結果を嫌気し、ニュージーランド(NZ)ドルは米ドルに対し約1

〔表〕NY外為市場=対ドル/各国通貨相場(19日)

円 112.53/112.56 ユーロ 1.1850/1.1854 スイスフラン 0.9761/0.9765 英ポンド 1.3157/1.3161 カナダドル 1.2484/1.2488 オーストラリアド 0.7879/0.7881 ル ニュージーランド 0.7030/0.7034 ドル メキシコペソ 18.8060/18.8100 デンマーククロー 6.2793/6.2803 ネ ノルウェークロー 7.9284/7.9314 ネ スウェーデンクロ 8.1251/8.1281 ーナ シンガポールドル 1.3564/1.3567 香港ドル 7.8003/7.8010 インドルピー 64.9900/65.0000

NY外為市場=ユーロ/ドル約1週間ぶり高値、NZドル大幅安

ドル/円 NY午後 112.54/112.55 4時 始値 112.52 高値 112.68 安値 112.32 ユーロ/ドル NY 1.1839/1.1843 午後4時 始値 1.1822 高値 1.1858 安値 1.1823 ニューヨーク外為市場では、ユーロが対ドルで約1週間ぶり高値を更新。米債利回り の低下に追随したほか、欧州中央銀行(ECB)の理事会を来週に控え、ユーロは週初の 下げから戻した。 また、 総選挙の結果を嫌気し、ニュージーランド(NZ)ドルは米ドルに対し約1 年ぶりの大幅安

NY市場サマリー(18日)

<為替> ドルが下落。9月の米住宅着工件数が1年ぶりの低水準となったことを受 けた。 主要6通貨に対するドル指数は一時93.797まで上昇したものの、終盤の 取引では0.12%下落の93.371となっている。 ウェルズ・ファーゴ証券(ニューヨーク)の外為ストラテジスト、エリック・ビロリ ア氏はドル指数について、93.80近辺にテクニカルな抵抗線が存在している可能性が あると指摘。これにより少なくとも短期的な上昇が阻まれている可能性があるとの見方を 示した。 前日までの4日間でドルは0.53%上昇。上昇は主に米国債利回りの上昇を反映し たものだった。コモンウェルス・フォーリン・エクスチェンジ(ワシントン)の首席市場 アナリスト、オマー・エシナー氏は、「週初から国債利回りが相場の動意となっている」 とし、「米国債利回りが広範に上昇していることがドル支援要因となっている」と述べた 。 エシナー氏は、来年2月に任期が切れるイエレン連邦準備理事会(FRB)議長の後 任にトランプ氏がイエレン氏ほどハト派的でない人物を

〔表〕NY外為市場=対ドル/各国通貨相場(18日)

円 112.92/112.95 ユーロ 1.1787/1.1788 スイスフラン 0.9814/0.9818 英ポンド 1.3203/1.3207 カナダドル 1.2465/1.2469 オーストラリアド 0.7844/0.7848 ル ニュージーランド 0.7151/0.7155 ドル メキシコペソ 18.8570/18.8670 デンマーククロー 6.3150/6.3160 ネ ノルウェークロー 7.9589/7.9619 ネ スウェーデンクロ 8.1413/8.1443 ーナ シンガポールドル 1.3565/1.3569 香港ドル 7.8089/7.8092 インドルピー 65.0400/65.0700

UPDATE 1-NY外為市場=ドル下落、低調な住宅着工統計受け

ドル/円 NY終値 112.92/112.95 始値 112.75 高値 113.04 安値 112.72 ユーロ/ドル NY終値 1.1787/1.1788 始値 1.1751 高値 1.1805 安値 1.1744 ニューヨーク外為市場では、9月の米住宅着工件数が1年ぶりの低水準となったこと を受けドルが下落した。 主要6通貨に対するドル指数は一時93.797まで上昇したものの、終盤の 取引では0.12%下落の93.371となっている。 ウェルズ

NY外為市場=ドル下落、低調な住宅着工統計受け

ドル/円 NY午後4時 112.89/112.92 始値 112.75 高値 113.04 安値 112.72 ユーロ/ドル NY午後4 1.1793/1.1795 時 始値 1.1751 高値 1.1805 安値 1.1744 ニューヨーク外為市場では、9月の米住宅着工件数が1年ぶりの低水準となったこと を受けドルが下落した

UPDATE 1-NY外為市場=ドル上昇、FRB議長の後任人事巡る思惑で

ドル/円 NY終値 112.19/112.22 始値 112.17 高値 112.47 安値 112.13 ユーロ/ドル NY終値 1.1766/1.1767 始値 1.1758 高値 1.1774 安値 1.1737 ニューヨーク外為市場では、ドルが主要通貨バスケットに対して上昇し1週間ぶりの 高値を付けた。米連邦準備理事会(FRB)議長の後任人事を巡り、トランプ大統領がよ りタカ派的な人選を行うとの見方が広がった。 トランプ氏が次期FRB議長候補にスタンフォード大教

NY市場サマリー(17日)

<為替> ドルが主要通貨バスケットに対して上昇し1週間ぶりの高値を付けた。米 連邦準備理事会(FRB)議長の後任人事を巡り、トランプ大統領がよりタカ派的な人選 を行うとの見方が広がった。 トランプ氏が次期FRB議長候補にスタンフォード大教授のテイラー氏を推している との観測が浮上するなか、米2年債利回りは上昇し9年ぶりの高水準をつけた 。 ウエスタン・ユニオン・ビジネス・ソリューションズ(ワシントン)のシニア市場ス トラテジスト、ジョー・マニンボ氏は「テイラー氏は現職のイエレン氏よりもタカ派的と 考えられる。彼が議長に就任すればFRBは一層積極的に利上げを行う可能性があり、ド ルの押し上げ要因となり得る」と述べた。 主要6通貨に対するドル指数は0.2%高の93.488。一時93.729 まで上昇した。CMEグループのFEDウオッチによると、金利先物が織り込む12月の 利上げ確率は93%。 MUFG(ロンドン)の為替エコノミスト、リー・ハードマン氏は、テイラー氏が次 期FRB議長に選ばれた場合、ドルは当初3

次のページ