エディション:
日本

NYマーケット動向

NY市場サマリー(17日)

<為替> ニューヨーク外為市場では、ドルがユーロに対して上昇した一方、円とス イスフランに対しては下落した。欧州中央銀行(ECB)理事会の議事要旨公表後にユー ロが売られたが、ゲーリー・コーン国家経済会議(NEC)委員長が辞任するとの憶測に より、ドルは不安定な動きとなった。こうした中、バルセロナで車両が群衆に突っ込み、 少なくとも13人が死亡したとの報道を受け、安全通貨とされる円とスイスフランが買わ れた。 終盤のユーロ/ドルは0.25%安の1.1736ドル、ドル/円は0 .55%安の109.60円、ドル/スイスフランは0.4%安で推移している。 主要6通貨に対するドル指数は小幅高の93.628となった。 米国時間の早朝に公表されたECB理事会の議事要旨では、ユーロのオーバーシュー トに対する懸念が示された。議事要旨公表後にユーロ/ドルは一時、約1%下落して3週 間ぶりの安値となった。ユーロはスイスフランと円、ポンド<EURGBP= >の3通貨に対しても値下がりした。 一方、ホワイトハウス当局者

UPDATE 2-NY外為市場=ドルが対ユーロで上昇、対円・スイスフランでは下落

ドル/円 NY終値 109.56/109.58 始値 110.14 高値 110.36 安値 109.45 ユーロ/ドル NY終値 1.1723/1.1725 始値 1.1695 高値 1.1753 安値 1.1663 17日のニューヨーク外為市場では、ドルがユーロに対して上昇した一方、円とスイ スフランに対しては下落した。欧州中央銀行(ECB)理事会の議事要旨公表後にユーロ が売られたが、ゲーリー・コーン国家経済会議(NEC)委員長

NY外為市場=ドルが対ユーロで上昇、対円・スイスフランでは下落

ドル/円 NY終値 109.56/109.58 始値 110.14 高値 110.36 安値 109.45 ユーロ/ドル NY終値 1.1723/1.1725 始値 1.1695 高値 1.1753 安値 1.1663 17日のニューヨーク外為市場では、ドルがユーロに対して上昇した一方、円とスイ スフランに対しては下落した。欧州中央銀行(ECB)理事会の議事要旨公表後にユーロ が売られたが、ゲーリー・コーン国家経済会議(NEC)委員長が辞任するとの憶測によ り

〔表〕NY外為市場=対ドル/各国通貨相場(17日)

円 109.56/109.58 ユーロ 1.1723/1.1725 スイスフラン 0.9627/0.9631 英ポンド 1.2863/1.2874 カナダドル 1.2677/1.2681 オーストラリ 0.7884/0.7888 アドル ニュージーラ 0.7280/0.7284 ンドドル メキシコペソ 17.8400/17.8550 デンマークク 6.3420/6.3436 ローネ ノルウェーク 7.9672/7.9701 ローネ スウェーデン 8.1376/8.1406 クローナ シンガポール 1.3663/1.3668 ドル 香港ドル 7.8232/7.8238 インドルピー 64.1650/64.1750 (ロイターデータに基づいています)

NY市場サマリー(16日)

<為替> ニューヨーク外為市場では、ドルが下落。米連邦公開市場委員会(FOM C)議事要旨で物価上昇力の弱さに対する政策担当者の懸念が強まったことが判明し、連 邦準備理事会(FRB)が利上げを先送りする可能性が示唆されたため、ドル売りにつな がった。 7月25─26日開催のFOMC議事要旨によると、ここ最近弱含んでいる一連の物 価指標を巡りメンバーが長時間協議した。米国の物価上昇率はこれまで5年余りにわたり 、FRBが目標とする2%を下回り続けている。 議事要旨公表後にドルは円やスイスフランなどに対して日中安値に沈んだ。終盤のド ル/円は0.45%安の110.17円、ドル/スイスフランは0.7%安 の0.9659フラン、ユーロ/ドルは0.25%高の1.1763ドルだった。 ウェストパック・バンキング・コーポレーションのシニア通貨ストラテジスト、リチ ャード・フラヌロビッチ氏は、7月FOMCで物価上昇率が2%に届かない状態にとどま っていることに懸念を示したのは数人のメンバーだったが、今はその人数がもっと増えて

UPDATE 2-NY外為市場=ドル下落、FOMC議事要旨で利上げ先送り観測

ドル/円 NY終値 110.18/110.21 始値 110.80 高値 110.94 安値 110.04 ユーロ/ドル NY終値 1.1768/1.1772 始値 1.1701 高値 1.1778 安値 1.1681 16日のニューヨーク外為市場では、ドルが下落。米連邦公開市場委員会(FOMC )議事要旨で物価上昇力の弱さに対する政策担当者の懸念が強まったことが判明し、連邦 準備理事会(FRB)が利上

〔表〕NY外為市場=対ドル/各国通貨相場(16日)

円 110.18/110.21 ユーロ 1.1768/1.1772 スイスフラン 0.9657/0.9661 英ポンド 1.2888/1.2892 カナダドル 1.2614/1.2618 オーストラリ 0.7922/0.7927 アドル ニュージーラ 0.7311/0.7315 ンドドル メキシコペソ 17.6571/17.6721 デンマークク 6.3194/6.3212 ローネ ノルウェーク 7.9227/7.9277 ローネ スウェーデン 8.0727/8.0757 クローナ シンガポール 1.3624/1.3629 ドル 香港ドル 7.8217/7.8218 インドルピー 64.1650/64.1750 (ロイターデータに基づいています)

NY外為市場=ドル下落、FOMC議事要旨で利上げ先送り観測

ドル/円 NY終値 110.18/110.21 始値 110.80 高値 110.94 安値 110.04 ユーロ/ドル NY終値 1.1768/1.1772 始値 1.1701 高値 1.1778 安値 1.1681 16日のニューヨーク外為市場では、ドルが下落。米連邦公開市場委員会(FOMC )議事要旨で物価上昇力の弱さに対する政策担当者の懸念が強まったことが判明し、連邦 準備理事会(FRB)が利上げを先送りする可能性が示唆

UPDATE 2-NY外為市場=ドル上昇、米小売売上高の大幅増加で

ドル/円 NY終値 110.66/110.69 始値 110.37 高値 110.84 安値 110.38 ユーロ/ドル NY終値 1.1733/1.1737 始値 1.1748 高値 1.1757 安値 1.1688 終盤のニューヨーク外為市場では、7月の米小売売上高が7カ月ぶりの大幅増加とな ったことから、ドルが上昇した。北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長がグアムへのミサイル 発射計画について、決定を下す前にもう少し米国の行動を注視する姿勢

NY市場サマリー(15日)

<為替> ニューヨーク外為市場では、7月の米小売売上高が7カ月ぶりの大幅増加 となったことから、ドルが上昇した。北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長がグアムへのミサ イル発射計画について、決定を下す前にもう少し米国の行動を注視する姿勢を示したとの 報道で、北朝鮮の過激な姿勢はポーズにすぎないとの見方が広がったこともドルが買われ る要因になった。 ドル/円は上昇率が1%強と1日としては7月3日以来最大で、1週間強ぶり の高値を付けた。一方、ユーロ/ドルは7月28日以来の安値に沈んだ。 ドル指数は7月26日以来の高値を付けた後、終盤は0.45%高の93.8 48で取引された。 7月の米小売売上高は前月比0.6%増と2016年12月以来の高い伸びを記録し 、6月分も上方改定された。 ウエスタン・ユニオン・ビジネス・ソリューションズのシニア・マーケット・アナリ スト、ジョー・マニンボ氏は「幅広い項目で数字が強く、全体とコアの両方で市場予想を 上回った。6月分が発表当初のマイナスからプラスに改定されたことも心強い」と