エディション:
日本

外国為替

東京外為市場・15時=ドル111円前半、米長期金利低下や株安受け

        ドル/円   ユーロ/ドル   ユーロ/円  午後3時現在 111.41/43 1.1193/97 124.71/75  午前9時現在 111.73/75 1.1208/12 125.24/28  NY午後5時 111.82/85 1.1209/12 125.34/38 午後3時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、ドル安/円高の11 1円前半。朝方は実需勢の買いが見られたが、日経平均が下げ幅を拡大し米長期金利が一 段安となるなか、短期筋の週末を控えたポジション調整が一巡するとドルはじりじりと値 を下げた。 ドルは朝方につけた高値111.84円から、さえない日経平均株価を眺めて111 円半ばまで下落した。その後、仲値にかけて国内実需筋からドル買いが入り、朝方の水準 まで持ち直したが、買いが一巡すると再び上値が重くなった。 米セントルイス地区連銀のブラード総裁の発言も、ドル売り材料となったもよう。 同総裁は、インフレ率が

ドル/円は上値重い、ロシアゲートが重荷=来週の外為市場

来週の外為市場で、ドル/円は上値が重い展開となりそうだ。昨年の大統領選におけるトランプ陣営とロシアの共謀疑惑「ロシアゲート」を巡っては、日を追ってトランプ氏に不利な情報が集まっており、30日以降にコミ―元米連邦捜査局(FBI)長官が米上院・情報委員会で証言する予定。調査の進展に対する警戒感がドルの上値を抑えそうだ。

人民元が対ドルで3カ月強ぶり高値

0145GMT(日本時間午前10時45分)時点では175ピップ上昇の6.8530元。きょうの基準値(6.8698元)比では0.24%高。

アジア通貨動向(26日)=バーツ・人民元が上昇

0148GMT(日本時間午前10時48分)現在のアジア新興国通貨の対米ドル相 場は以下の通り。 *Previous dayは各通貨のオンショア市場引け値。ただし円とシンガポールドルは前 日NY市場引け値。 Currency Latest bid Previous day Pct Move Japan yen 111.730 111.82 +0.08 Sing dlr 1.384 1.3863 +0.14 Taiwan dlr 30.087 30.084 -0.01 Korean won 1118.600 1116.5 -0.19 Baht 34.050 34.23 +0.53 Peso 49.860 49.83 -0.06 Rupiah 13

UPDATE 1-米財政政策、経済への効果は限定的=サンフランシスコ地区連銀総裁

米サンフランシスコ地区連銀のウィリアムズ総裁は25日、トランプ政権の財政政策が米経済にどのような影響をもたらすかについての考察により多くの時間を費やしていると述べ、現時点では短期的にわずかな効果があるものの、長期的な効果はほとんどない見込みだと指摘した。ロイターに語った。