エディション:
日本

環境テクノロジー

ドイツ、電気自動車への移行で大規模投資必要=首相

ドイツのメルケル首相は22日、自動車大手ダイムラー子会社アキュモーティブのリチウムイオン電池工場の定礎式に出席し、電気自動車への移行で後れを取らないよう、大規模な投資が必要だとの認識を示した。

ホンダ、2018年に中国で電気自動車発売へ

ホンダは2018年に中国で電気自動車(EV)を発売する計画。中国本部長の水野泰秀執行役員が19日、上海自動車ショーの合間に記者団に明らかにした。

アングル:トランプ氏の燃費規制見直し、メーカー側の勝利か

トランプ米大統領は先週、オバマ前大統領時代に決まった自動車の燃費基準を見直すと表明し、「米自動車産業への攻撃は終わった」と述べた。しかし燃費の良い車を求める消費者や、輸出に厳しい基準を求められる自動車メーカーの状況を踏まえると、見直しによる影響は基準達成を数年遅らせる程度にとどまりそうだ。

米テスラCEO、停電相次ぐ豪・南部州に蓄電池の提供申し出

電気自動車(EV)大手の米テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は10日、停電が相次ぐ豪サウスオーストラリア州に100メガワット時規模のバッテリーを提供すると申し出た。2500万ドル相当で、契約締結後100日以内に設置するという。

外国企業に公正な事業環境を、ドイツが外相会談で中国に要請

ドイツのガブリエル外相は16日、20カ国・地域(G20)外相会合が行なわれる独ボンで、中国の王毅外相と会談した。中国政府が環境対応車の普及に力を入れる中、とりわけ独自動車メーカーなど、外国企業のビジネス環境をより公正にするよう中国に要請した。