エディション:
日本

モバイル端末関連

iPhone8発売、無線充電に対応 需要には不透明感も

NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクは22日、米アップルの新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)8」と「8プラス」を発売した。各社とも機種変更プログラムを充実させるなど、顧客のつなぎとめに必至だが、話題性は年々薄れつつあり、どこまで需要を喚起できるか不透明感も漂う。

新型アップルウォッチ、iPhoneなしの通信機能に問題

米アップルは20日、前週発表した腕時計型端末「アップルウォッチ」の新型モデル「シリーズ3」の通信機能に問題があることを確認した。iPhone(アイフォーン)がそばになくても電話やインターネットへのアクセスができるという最も重要な機能に問題が生じる可能性がある。

東芝半導体子会社売却、ベインなど企業連合との契約決議発表

東芝は20日、同日午前開催の取締役会で、半導体子会社「東芝メモリ(TMC)」の全株式を、米系投資ファンドのベイン・キャピタルが主導する企業連合により組成される買収目的会社に売却し、同買収会社との株式譲渡契約を締結することを決議したと正式に発表した。

コラム:アマゾンの第2本社、誘致をためらうべき理由

売り上げと時価総額で世界最大のオンライン小売り業者である米アマゾン・ドットコムが、北米に第2本社を建設する計画を明らかにし、都市から提案を募る方針を表明した。第2本社は、シアトル中心部にある本社と同格の位置づけとなる予定だ。