エディション:
日本

ロシア関連

フィギュア、羽生はGP初戦2位

 【モスクワ共同】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦のロシア杯最終日は21日、モスクワで行われ、男子は昨季の世界選手権王者でショートプログラム(SP)2位の羽生結弦(ANA)が初挑戦の4回転ルッツを決めたフリーで1位となったが、合計290・77点で2位に終わった。昨季の四大陸選手権覇者で18歳のネーサン・チェン(米国)が合計293・79点でGP初制覇。