エディション:
日本

ロシア関連

米、中ロ企業に追加制裁

 【ワシントン、モスクワ共同】米財務省は22日、北朝鮮の核・ミサイル開発に関与したとして、中国とロシアなどの企業10社や個人6人を制裁対象に追加指定したと発表した。北朝鮮による2回の大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射を受け、国連安全保障理事会が今月5日に北朝鮮産石炭の全面禁輸を含む制裁決議を採択して以来、米国が追加制裁に踏み切るのは初めて。

IMM通貨先物、ドル売り越し額減少

米商品先物取引委員会(CFTC)が発表したIMM通貨先物の非商業(投機)部門の取組(8月15日までの1週間)データを基にロイターが算出したドルのポジションは、売り越し額が前週から減少した。

安倍首相「日米で連携強化を」

 安倍晋三首相は20日、河野太郎外相、小野寺五典防衛相と東京都内の私邸で個別に会い、ワシントンで実施された日米両政府の外務・防衛担当閣僚による安全保障協議委員会(2プラス2)の報告を受けた。首相は「しっかりと日米の連携を強めてほしい」と述べた。小野寺氏が記者団の質問に答えた。

コラム:北朝鮮の金正恩氏が描く危険な「核ゲーム」

75年前の1942年10月3日、バルト海に面したペーネミュンデにあるドイツ軍射撃場からV2ロケットのプロトタイプが発射され、高度84.5キロメートルに到達した。一部の定義によれば、これが宇宙空間に達した初の人工物体である。