エディション:
日本

ウクライナ情勢

コラム:トランプ政権、銃器巡る新政策の「危ない賭け」

トランプ政権は、米国の外交政策において、まだ気づかれていない、大きな過ちを犯す危険がある。ロイターが最近報じたように、ホワイトハウスは、米国で製造された小型武器販売の監督を、入念な審査で知られる国務省から、企業に優しい商務省に移行する準備をしている。

焦点:ロシアの危険な「綱渡り」、北朝鮮支援をひそかに加速

ロシアは、金正恩・朝鮮労働党委員長を失脚させようとする米国主導の試みを阻止すべく、ひそかに北朝鮮に対する経済支援を加速させている。金正恩氏が失脚すれば、ロシアの地域的影響力の衰退と、東部国境沿いへの米軍配備を招くことになるからだ。

コラム:迫り来る「ロボット軍拡」競争

ロシアによる最新の軍事演習「ザパド(西方)」が、北大西洋条約機構(NATO)加盟国の東方国境沿いで実施されている。4年に1回行われるこの大規模演習は、訓練であると同時に西側諸国に対する力の誇示でもあり、数万人の兵員が参加する。