エディション:
日本

ドイツ

独伊国債のスプレッドが拡大、伊地銀の清算手続き開始

26日朝の欧州債券市場で、イタリアとドイツの10年債利回り格差が拡大。 欧州中央銀行(ECB)が23日、経営難のイタリアの地銀2行、ベネト・バンカとバンカ・ポポラーレ・ディ・ビチェンツァについて、同国政府による清算を承認した。

メルケル独首相の与党連合がリード拡大、世論調査

ドイツの調査会社エムニドがビルト日曜版の委託で実施した世論調査によると、メルケル首相率いる保守系与党連合、キリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)が社会民主党(SPD)に対する支持率の差を15ポイントに広げたことが明らかになった。

ECB、出口議論を近く開始も─独連銀総裁=新聞

欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのワイトマン独連銀総裁は、独ウェルト紙日曜版とのインタビューに応じ、景気と物価が正しい方向に向かっており、ECBが超金融緩和政策の解除について議論を始める時期が近づいている可能性があるとの認識を示した。

EU首脳会議、英国のEU市民権利保障に不満の声

メイ英首相は、23日閉幕した欧州連合(EU)首脳会議で、英国のEU離脱後も同国に住むEU市民の権利を保護する方針を示した。ただ、EUのトゥスク大統領は「期待を下回る内容」で、EU市民の生活が悪化する恐れがあるとの懸念を表明。

ECB資産買い入れ、独国債不足が延長巡る議論で鍵に=関係筋 

欧州中央銀行(ECB)の資産買い入れを巡り、対象となる独連邦債の不足が差し迫った問題となっており、大幅な延長は困難な状況であることが、関係筋の話で分かった。延長かテーパリング(段階的縮小)かを判断するに当たり、最も大きな検討課題になるという。

VW、排ガス不正巡る2件の国内訴訟で控訴を断念

ドイツの自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は、国内の裁判所が賠償を求める原告団の主張を支持した排ガス不正を巡る2件の訴訟について、控訴しないことを決定し、排ガス量をコントロールする違法ソフトウエアを搭載したディーゼル車を買い取ることで合意した。

独総合PMI6月速報値は56.1、予想以上に低下

IHSマークイットが23日発表した6月のドイツの総合購買担当者景気指数(PMI)速報値は4カ月ぶり低水準の56.1となり、5月の57.4から低下した。主としてサービスセクターの伸び鈍化に圧迫された。同セクターのPMIは5カ月ぶりの水準に低下した。