エディション:
日本

ギリシャ

ギリシャ、EU・IMFと再び協議へ 来週から第3回審査

欧州連合(EU)と国際通貨基金(IMF)の代表団は来週23日からアテネでギリシャ支援プログラムの進捗状況の第3回審査に入る。EU、IMF、ギリシャ政府のいずれも、迅速な審査完了が必要との認識で一致している。

焦点:ノーベル平和賞の受賞者、世界の「失望」招く理由

祝福してくれた支持者の多くを落胆に導いたノーベル平和賞受賞者の長いリストに、ミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問が新たにその名を連ねた。恐らく彼女が最後ではないだろうという点が、10月6日にも発表される今年の同賞受賞者に向けた苦い教訓だ。

コラム:ショイブレ独財務相の「転身」、ユーロ圏が惜しむ理由

[ロンドン 27日 ロイター BREAKINGVIEWS] - ドイツのショイブレ財務相は財政規律を重んじ、ユーロ圏周縁国から批判を浴びる一方、ドイツ国内で高い人気を誇ってきた。しかし先の総選挙を受けて職を辞し、連邦議会(下院)議長に転身する心づもりのようだ。