エディション:
日本

南シナ海領有権

日米が17日に2プラス2、同盟強化を議論

北朝鮮情勢が緊迫の度合いを増す中、日米は17日、外務・防衛担当閣僚による安全保障協議(2プラス2)をワシントンで開く。弾道ミサイル防衛を含めた日米の同盟強化策を議論する。

米軍、南シナ海で「航行の自由」作戦を実施

米海軍は10日、南シナ海に中国が造成した人工島から12カイリ内の海域で「航行の自由」作戦を実施した。複数の米当局者がロイターに明らかにした。米当局者によると、米軍の駆逐艦「ジョン・S・マケイン」が、南沙(英語名スプラトリー)諸島のミスチーフ(中国名・美済)礁近くを航行した。

自衛隊装備、初の無償供与 フィリピンにヘリ部品と航空機=関係者

日本政府がフィリピン軍に対し、自衛隊のヘリコプター部品と、中古の航空機を今年度中に無償で引き渡す調整に入った。自衛隊の中古装備を外国軍に無償供与する初の案件になる見通し。中国がフィリピン軍に武器を供与するなどし、影響力を強めつつあることをけん制したい考え。

米空母が来年ベトナム寄港へ、1975年以来初めて=国防総省

米国防総省は8日、同国の空母が来年ベトナムに寄港すると発表した。両国関係の進展を示す兆候とみられている。マティス米国防長官とベトナムのリック国防相が米国防総省で同日会談し、その席上で空母寄港について合意したという。