エディション:
日本

イノベーション

ファナック、通期業績予想を上方修正 対ドル100円想定維持

ファナックは28日、2018年3月期の連結業績予想(日本基準)を上方修正したと発表した。営業利益予想は従来の1555億円から1698億円(前年比10.8%増)に増額した。FA(工場の自動化)関連やロボット、ロボマシンなどの好調な受注を反映した。対ドルでの想定為替レートは100円で据え置いた。

キヤノンが通期予想上方修正、カメラなど既存事業好調

キヤノンは27日、2017年12月期の通期業績予想(米国基準)を上方修正したと発表した。従来2700億円と見込んでいた営業利益は前年比44.2%増の3300億円に予想を引き上げた。カメラや複写機など既存事業の回復が主因としている。