エディション:
日本

イラン

イラン核合意、米国が破棄するならイランも破棄=ハメネイ師

イランの最高指導者ハメネイ師は18日、2015年に米欧など主要6カ国と締結した核合意について、他の署名国が尊重する限り、イラン政府は合意を堅持するが、米政府が破棄するならイランも「破棄する」と述べた。イランの国営テレビが伝えた。

焦点:イラン内部で権力闘争再燃、米大統領の核合意「否認」受け

米国が新たに示したタカ派的な姿勢を受けて、イランは直ちに団結して対抗する構えをみせているが、イランの強硬派は、この対立につけこみ、西側に対する親和姿勢を取る国内ライバルを弱体化させようと画策している。アナリストや内部の事情に詳しい関係筋が明らかにした。

核合意破棄「非常に可能性ある」

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は16日、米欧などとイランが2015年に結んだ核合意について、イランに対する監視強化などを目的とした米議会による関連法改正が円滑に進まなかった場合、合意を破棄することは「非常に可能性がある」と明言した。ホワイトハウスでの閣議前に記者団に語った。