エディション:
日本

イスラム国関連

コラム:次のスーパー兵器は「バイオ」か

シリアの化学兵器や北朝鮮の核兵器に対する脅威が増すなかで、生物兵器の危険性については国際的な関心事から抜け落ちてしまっているようだ。しかし、テクノロジーと遺伝子工学の進歩が、新たな危険への扉を開く恐れがある。

パリで警官襲撃テロ、3人死傷

 【パリ共同】パリ中心部のシャンゼリゼ通りの凱旋門付近で20日夜(日本時間21日未明)、自動小銃で武装した男が警察官を襲撃、1人が死亡したほか、2人が負傷した。フランスのオランド大統領は「テロの可能性がある」と非難。検察がテロ関連の殺人容疑などで捜査を開始した。過激派組織「イスラム国」(IS)系のニュースサイトが「実行犯はISの戦士だ」と伝えた。事実上の犯行声明。男は犯行後、徒歩で逃走中に警察に射殺された。

仏銃撃、イスラム国が犯行声明=AMAQ通信

フランスのパリ中心部にあるシャンゼリゼ通りで20日夜に発生した発砲事件について、過激派組織「イスラム国」(IS)が犯行声明を発表した。ISと関連のあるAMAQ通信が明らかにした。

アングル:ロシアで冷めるトランプ熱、「金正恩氏よりも怖い」

トランプ米大統領の下ですぐにも緊張緩和が訪れるというロシアの抱いていた期待は消えつつある。トランプ大統領誕生を歓迎していたロシア国営メディアは16日、トランプ氏は北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長よりも恐ろしいと批判し、同大統領への見方を大きく転換した。