エディション:
日本

日韓関係

韓国軍が竹島周辺訓練

 岸田文雄外相は24日の記者会見で、島根県の竹島周辺で韓国が軍事訓練を行うことを把握したとして、韓国政府に抗議したと明らかにした。「わが国の竹島の領有権に関する立場に鑑みて、到底受け入れることはできず遺憾だ」と述べた。

韓国、THAAD巡る中国の措置を調査=聯合ニュース

韓国の尹炳世外相は3日、在韓米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」配備を巡って報じられている中国の措置について、国際規範に反していないかどうか調査すると述べた。聯合ニュースが伝えた。

釜山の少女像は遺憾、駐韓大使一時帰国など対抗措置=菅官房長官

菅義偉官房長官は6日の会見で、韓国の市民団体が釜山市にある日本の総領事館前に従軍慰安婦を象徴する少女像を設置したことに対し、「極めて遺憾である」とし、駐韓国大使の一時帰国や日韓通貨スワップ取り決め協議の中断など、4項目の措置をとると韓国側に伝えたことを明らかにした。

日本経済、緩やかな回復基調が続いている=菅官房長官

菅義偉官房長官は14日午前の会見で、この日発表された7─9月の実質国内総生産(GDP)が前期比年率2.2%の成長となったことに関し「日本経済は緩やかな回復基調が続いていると認識している」と述べた。経済の現状については「このところ弱さがみられるが、雇用・所得環境の改善が続いている」との見方を示した。

日韓通貨スワップ協定の再開、財務相「韓国側から話出れば検討」

麻生太郎財務相は24日の閣議後会見で、日韓通貨スワップ協定の再開の可能性に関し「向こう(韓国側)から話が出れば検討する」との見方を示した。週末の日韓財務対話では、国際金融情勢だけにとどまらず、世界や地域経済などの見通しについても意見交換すると語った。

« 前のページ 次のページ »