エディション:
日本

中東・アフリカ

日本、タイに4―0で大勝

 サッカーの2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会アジア最終予選第7戦は28日、各地で行われ、6大会連続の本大会出場を狙うB組の日本は埼玉スタジアムでタイに4―0で快勝した。3連勝で勝ち点を16に伸ばし、W杯出場圏内の2位以上を保った。

米軍、モスル空爆作戦の方針変更を否定 民間人死亡で

米国防総省は27日、イラク北部モスルでの過激派組織「イスラム国」(IS)を標的とする作戦中に、米国主導の有志連合軍による空爆で多数の民間人が犠牲になった可能性があるとの非難を前に、交戦方針を変更する意向はないと強調した上で、この問題を調査する資源は限られていると語った。

ブラジル、食肉不正問題で新たに3工場に操業停止命令

ブラジル農牧・食料供給省は27日、同国の食肉加工業者が検査官に賄賂を渡し、衛生基準に満たない肉を出荷するなどしていた問題に関連し、新たに3工場に対して操業停止を命じたことを明らかにした。当局が一時的な閉鎖を命じた工場はこれで計6カ所となった。

コラム:仏経済事情に見るルペン人気の正体=山口曜一郎氏

[東京 27日] - ここ最近の欧州政治情勢に関して、市場では懸念がいくぶん後退している雰囲気がある。理由の1つは、15日に行われたオランダ議会選挙で、極右・自由党(PVV)が思ったよりも議席を伸ばせなかった一方、連立与党の1つである自由民主党(VVD)が、議席を減らしながらも第一党の地位を維持したためだ。

ロンドン襲撃犯、「聖戦」に関心 ISにつながる証拠なし=警察

英ロンドンの国会議事堂付近で先週起きた襲撃事件で、警察は27日、実行犯として現場で射殺されたハリド・マスード容疑者(52)について、過激派組織「イスラム国(IS)」あるいは「アルカイダ」とのつながりを示す証拠は見つかっていないと発表した。

« 前のページ 次のページ »