エディション:
日本

原油価格

KKR、日立国際のTOB価格を2900円に引き上げ

日立国際電気 は11日、米投資ファンドのコールバーグ・クラビス・アンド・ロバーツ(KKR)傘下のHKEホールディングス合同会社が、日立国際電気へのTOB価格を当初の1株2503円から2900円に引き上げたと発表した。

日経平均は日経平均は7日続伸、終値ベースの安倍相場高値を更新

日経平均は日経平均は7日続伸、終値ベースの安倍相場高値を更新

東京株式市場で日経平均は7日続伸した。終値は2万0881円27銭となり、いわゆる「アベノミクス相場」での終値ベースの高値2万0868円03銭(2015年6月24日)を上回った。外為市場での円安一服などを背景に小安く始まったものの、米国株が堅調なほか、中間決算を前に日本企業の業績上振れへの期待が継続し、相場上昇を支援した。

安倍相場の高値試す展開、連騰の米株に警戒感も=今週の東京株式市場

安倍相場の高値試す展開、連騰の米株に警戒感も=今週の東京株式市場

今週の東京株式市場は堅調な地合いが続く見通し。安倍政権発足後の高値を試す展開が予想されている。10日は北朝鮮・朝鮮労働党の創立記念日だが、米朝関係の悪化につながる事態が発生しない場合、投資家の過度な警戒感が後退しそうだ。米税制改革への期待が継続すれば、相場の下支え要因となる。ただ連騰する米国株の調整リスクも意識されており、一本調子の株高は見込みにくい。

石油業界は衰退へ、EV移行と化石燃料離れで=独ビトルCEO

石油業界は衰退へ、EV移行と化石燃料離れで=独ビトルCEO

独立系石油商社大手ビトルのイアン・テイラー最高経営責任者(CEO)は5日、世界的に電気自動車(EV)への移行と化石燃料離れが加速していることから、石油業界が衰退していくとの見方を示した。英シンクタンク王立国際問題研究所がロンドンで開催したイベントでの発言。

来週の日本株は安倍相場の高値試す展開、連騰の米株に警戒感も

来週の日本株は安倍相場の高値試す展開、連騰の米株に警戒感も

来週の東京株式市場は堅調な地合いが続く見通し。第2次安倍政権発足後の高値を試す展開が予想されている。10日は北朝鮮・朝鮮労働党の創立記念日だが、米朝関係の悪化につながる事態が発生しない場合、投資家の過度な警戒感が後退しそうだ。米税制改革への期待が継続すれば、相場の下支え要因となる。ただ連騰する米国株の調整リスクも意識されており、一本調子の株高は見込みにくい。