エディション:
日本

コラム:トランプ米大統領

コラム:トランプ政権、銃器巡る新政策の「危ない賭け」

コラム:トランプ政権、銃器巡る新政策の「危ない賭け」

トランプ政権は、米国の外交政策において、まだ気づかれていない、大きな過ちを犯す危険がある。ロイターが最近報じたように、ホワイトハウスは、米国で製造された小型武器販売の監督を、入念な審査で知られる国務省から、企業に優しい商務省に移行する準備をしている。

コラム:米銃器産業、トランプ政権下で陥った「意外な苦境」

コラム:米銃器産業、トランプ政権下で陥った「意外な苦境」

[ニューヨーク 14日 ロイター BREAKINGVIEWS」 - 優雅なメッセージの発信は、もとより全米ライフル協会(NRA)の得意とするところではない。それにしても、ここ数カ月、この米銃器産業の「最大の広告塔」から聞こえてきたのは、これまでになく耳ざわりな叫びだ。

焦点:隠れた「トランプ効果」、アメリカ人の生活に変化の兆し

焦点:隠れた「トランプ効果」、アメリカ人の生活に変化の兆し

トランプ米大統領は目玉公約こそ達成できていないが、実は既にさまざまな形で米国民の暮らしを変え始めている。就任からの9カ月でトランプ氏は積極的に規制撤廃に動き、大統領命令を発したり環境基準を修正してエネルギーから航空まで各種業界のルールを書き直してきた。