エディション:
日本

為替こうみる

再送-為替こうみる:FOMCはタカ派的か、ドル高圧力かかりやすい=バークレイズ証 門田氏

今回の米連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げが確実視される中、市場の関心はドットチャートで示される年間の利上げ回数に集まっている。今年は今回を含めて3回とみているが、来年4回に引き上げられる可能性がある。全般的にタカ派色がにじみ、短期的にはドル高の圧力がかかりやすくなると予想する。

« 前のページ 次のページ »