エディション:
日本

日中関係

欧米諸国、中国の「一帯一路」を過小評価=ドイツ駐中国大使

ドイツのマイケル・クラウス駐中国大使は8日、中国が掲げるシルクロード経済圏構想「一帯一路」を欧米諸国は過小評価していると述べた。現時点での構想は中国中心に傾き過ぎ、外国企業に機会を提供できていないと指摘しつつも、重要な枠組みであると理解を示した。

「一帯一路」、協力できるところは協力していく=菅官房長官

菅義偉官房長官は6日の閣議後会見で、中国のシルクロード経済圏構想「一帯一路」について安倍晋三首相が日本として協力したいとの考えを示したことに関して、構想の具体化を注視する立場は変わらないとしたうえで「協力できるところは協力していく」との考えを示した。

日米豪が防衛相会談、北朝鮮を「最も強く非難」 中国もけん制

シンガポールで開いているアジア安全保障会議(シャングリラ対話)に出席中の稲田朋美防衛相、米マティス国防長官、豪ペイン国防相は3日、当地で3者会談を行い、核とミサイル開発を進める北朝鮮を「最も強い表現で非難する」との共同声明を発表した。

空自が戦闘機派遣し警告、中国のドローンらしき物体に

稲田朋美防衛相は19日午前の閣議後会見で、日本が固有の領土としている尖閣諸島(中国名:釣魚島)周辺で前日飛行が確認された中国のドローン(小型無人機)らしき物体に対し、航空自衛隊が戦闘機など4機を向かわせ警告していたことを明らかにした。