エディション:
日本

国内社会ニュース(共同通信)

高1自殺いじめ認定できず

 鹿児島県立高校の1年男子生徒=当時(15)=が2014年に自殺した問題で、同県教育委員会の第三者委員会は30日、いじめを受けたと断定することはできず、自殺との因果関係も認定できないとの調査報告書をまとめた。

戦没者遺骨DNA鑑定の対象拡大

 第2次世界大戦で亡くなった戦没者遺骨の収集事業を進める厚生労働省は30日、原則「歯」に限定しているDNA鑑定の対象を拡大して腕の骨や大腿骨といった「四肢骨」も鑑定の対象にすると発表した。4月から実施する。歯が見つからない遺体も多く収集されており、身元特定を加速させる狙い。

雪崩犠牲3人の通夜、葬儀

 栃木県那須町の雪崩事故で犠牲になった県立大田原高山岳部員で1年生の奥公輝さん(16)の通夜や2年生の鏑木悠輔さん(17)と浅井譲さん(17)の葬儀が30日、県内の斎場でそれぞれ営まれ、同級生らは早すぎた別れを惜しみ、涙した。

8歳女児が井戸転落、国立市

 30日午後5時5分ごろ、東京都国立市西2丁目で、井戸に子どもが転落したと東京消防庁に通報があった。近所の小学2年の女児(8)が約1時間後に救助された。頭や顔に打撲や擦り傷の軽傷を負ったが、意識ははっきりしている。

雪崩事故受け再発防止策、高体連

 栃木県那須町のスキー場で登山講習会に参加した県立大田原高山岳部の生徒ら8人が死亡した雪崩事故で、講習会を主催した県高等学校体育連盟は30日、臨時理事会を開き、登山専門部など各部の活動ごとに危機管理マニュアルを作成するよう義務化するなどの再発防止策を決めた。

集団感染で入浴施設を捜索、広島

 広島県三原市の入浴施設「みはらし温泉」で利用者がレジオネラ菌に集団感染し、1人が死亡した問題で、広島県警は30日、業務上過失致死傷容疑で同施設を家宅捜索した。

博多、もろい岩盤「対策不十分」

 福岡市のJR博多駅前の道路大規模陥没事故で、国土交通省の第三者委員会が30日、東京都内で3回目の会合を開き、陥没原因に関する報告書を取りまとめた。市営地下鉄工事のトンネル上部のもろい岩盤層の厚さが想定より薄く、亀裂が入ったこともあり地下水の圧力に対する安全性が不十分だったとした。

隔離の特別法廷、検察責任認める

 ハンセン病患者の裁判が、隔離先の療養所などに設置された「特別法廷」で開かれていた問題で、最高検が差別的な運用と認識せず裁判に関わり続けた責任を認めることが30日、関係者への取材で分かった。検察側が31日に元患者側の弁護士らと熊本市で面会し、説明する。

コンビニに初の津波救命艇、高知

 コンビニ最大手のセブン―イレブン・ジャパン(東京)は30日、南海トラフ巨大地震で甚大な津波被害が予想される高知県須崎市の「セブン―イレブン須崎桐間南店」に、大津波が襲う前に逃げ込んで身を守る「津波救命艇」を設置した。コンビニへの配備は全国初。

所持品、隠す意図なしか

 千葉県我孫子市の排水路脇に、殺害された小3女児の遺体が遺棄された事件で、茨城県坂東市の利根川河川敷で見つかった女児のランドセルや、女児の物とみられる衣類や所持品は、広範囲に無造作に捨てられ隠そうとした様子がないことが30日、捜査関係者への取材で分かった。