エディション:
日本

国内社会ニュース(共同通信)

アパートに一時立てこもり、福岡

 29日午前7時55分ごろ、福岡県篠栗町のアパート1階の一室で、ライフル銃のようなものを持った住人の男(56)が立てこもっているのを、県警の警察官が見つけた。捜査員が部屋から出てくるよう呼び掛け、約9時間後に室内に突入し男の身柄を確保。公務執行妨害の疑いで緊急逮捕した。人質はおらず、男は右手首に切り傷があるが、命に別条はない。

御巣鷹の尾根、登山道開通

 日航ジャンボ機墜落事故の現場となった群馬県上野村の「御巣鷹の尾根」の登山道が29日、冬の閉山期間を終えて開通し、遺族や安全を祈る人々が各地から訪れた。

水俣病「語り伝え差別なくす」

 水俣病患者で、熊本県水俣市立水俣病資料館の「語り部の会」会長の緒方正実さん(59)は29日、福岡市で講演し「健康被害はあるが、暮らしは他の人と変わらない。語り伝えることで、差別をなくしたい」と話した。

強風で高校ヨット10隻転覆

 29日午後3時ごろ、愛知県半田市の衣浦港で県立半田高ヨット部の練習中のヨット10隻が強風にあおられ転覆した。近くにある衣浦海上保安署の職員が目撃、同署などが午後4時40分ごろまでに、海に投げ出された生徒20人を救助した。低体温症の疑いがあるため、地元消防が病院に搬送したが、命に別条はないという。

神戸山口組が分裂の可能性

 指定暴力団神戸山口組(本拠地・兵庫県淡路市)から複数の直系組長らが離脱し、分裂する可能性があることが29日、捜査関係者への取材で分かった。神戸市内の関連施設で同日開かれた緊急会合に、直系組長ら幹部が姿を現さなかったという。兵庫県警が事実関係の確認を進めており、新たな組織ができれば、抗争激化の恐れがあるとみて警戒を強めている。

大型連休初日、各地で強風や落雷

 大型連休初日となった29日、日本列島では上空に流れ込んだ寒気の影響で、昼すぎから夕方にかけて広い範囲で強風や落雷など不安定な天気となった。愛知県では強風でヨット10隻が転覆し20人が救助されるなど、各地で被害が相次いだ。

中2男子が飛び降り自殺、仙台

 仙台市教育委員会は29日、市立中2年の男子生徒(13)が26日に飛び降り自殺したと明らかにした。昨年、学校のアンケートに「悪口を言われたり物を投げられたりする」と嫌がらせの被害を訴えており、記者会見した大越裕光教育長は、いじめの有無を含めて原因を調べる方針を示した。

空舞う追悼のこいのぼり600匹

 東日本大震災の津波被害を受けた宮城県東松島市大曲地区で、「亡くなった子たちが天国で寂しくないように」と願って追悼の青いこいのぼり約600匹が掲げられ、春の風にたなびいている。

仏強襲揚陸艦、佐世保入港

 海洋進出を進める中国を念頭に置き、自衛隊が米英仏軍と4カ国の枠組みで初めて共同訓練を行うのを前に、フランス海軍の強襲揚陸艦「ミストラル」が29日、長崎県の海上自衛隊佐世保基地に入港した。式典で艦長のスタニスラス・ドゥ・シャルジェール大佐は「ともに手を携えて訓練することで、相互運用性を高められる」と述べた。

メーデー「仕事と生活の両立を」

 連合は29日、第88回メーデー中央大会を東京都渋谷区の代々木公園で開き、神津里季生会長が「痛ましい過労死を防ぎ、みんなが仕事と生活を両立できる社会に向けて、労働時間を最適化していかないといけない」と訴えた。民進党の蓮舫代表や塩崎恭久厚生労働相、東京都の小池百合子知事も出席。働き方改革を意識した発言が目立った。