エディション:
日本

企業業績・格付け

UPDATE 1-任天堂の4─6月売上高は前年比2.4倍、スイッチ販売がけん引

任天堂は26日、2017年4─6月期(日本基準)の売上高は前年比2.4倍の1540億円に拡大したと発表した。3月に発売した新型ゲーム機「ニンテンドースイッチ」関連の売上高が1000億円を超え、大きな柱となった。同社は今期、9年ぶりの増収を予想しており、順調な滑り出しとなった。

主要決算銘柄/トムソンロイター予想

26日に決算が発表される主な上場企業のトムソンロイターアナリスト予想コンセンサスは以下の通り。 銘柄 決算期 利益(億円) アナリスト( データ 人) アドバンテス 18年3月期 205(営業) 15 reuters://realtime/ric=6857.T/verb=CompanyData ト   任天堂 18年3月期 1279(営業) 21 reuters://realtime/ric=7974.T/verb=CompanyData 予想コンセンサスは、トムソンロイターのスターマインに基づい

UPDATE 1-三菱自、4―6月期は営業益4.5倍、燃費不正の特損消え最終黒字に

三菱自動車が25日に発表した2017年4―6月期の連結決算では、営業利益が前年同期比4.5倍の206億円となった。燃費不正で影響のあった国内販売が回復、日産自動車との提携効果で購買を中心にコスト削減が進んだ。前年同期に計上したタカタ製エアバッグのリコール(回収・無償修理)費用の影響もなくなった。

三菱自、4―6月期は営業益4.5倍、燃費不正の影響消え最終黒字に

三菱自動車が25日に発表した2017年4―6月期連結決算では、営業利益が前年同期比4.5倍の206億円となった。燃費不正で影響のあった国内販売が回復したほか、日産自動車との提携効果で購買を中心にコスト削減が進んだ。前年同期に計上したタカタ製エアバッグのリコール(回収・無償修理)費用の影響もなくなった。

信越化、17年度営業利益12%増予想 増配見通し

信越化学工業は25日、未公表だった2018年3月期の連結業績予想を発表した。営業利益は前年比12.3%増の2680億円を見込む。年間配当予想も1株当たり130円と前年実績比10円増を見込む。

主要決算銘柄/トムソンロイター予想

25日に決算が発表される主な上場企業のトムソンロイターアナリスト予想コンセンサスは以下の通り。 銘柄 決算期 利益(億円) アナリスト( データ 人) 三菱自動車 18年3月期 782(営業) 13 reuters://realtime/ric=7211.T/verb=CompanyData   信越化学工 18年3月期 2865(営業) 18 reuters://realtime/ric=4063.T/verb=CompanyData 業