エディション:
日本

トップニュース

サルマン・サウジ国王、アジア諸国歴訪 3月12日には日本に

[リヤド/クアラルンプール/ドバイ 26日 ロイター] - サウジアラビアのサルマン国王は26日、マレーシアを訪問し、1カ月に及ぶアジア諸国歴訪を開始した。国王の中東・北アフリカ地域以外の外遊は、2015年の訪米以来。成長著しい石油輸入国との関係構築を目指すとともに、国営石油会社サウジアラムコの株式売却を含めた同国への投資促進を図る。

米グーグル、最新版アンドロイド端末に音声認識アシスタント

[26日 ロイター] - 米アルファベット傘下のグーグルは26日、同社の基本ソフト(OS)「アンドロイド」の最新版を搭載したスマートフォン(スマホ)に対して、人工知能(AI)の音声認識機能、グーグル・アシスタントの提供を開始すると発表した。

バフェット氏の株主宛て書簡、インデックスファンド投資を改めて推奨

[ニューヨーク 25日 ロイター] - 米著名投資家ウォーレン・バフェット氏は25日、自身が率いる投資会社バークシャー・ハザウェイの株主宛て年次書簡で、一般投資家はインデックスファンドを購入すべきだと改めて主張し、手数料の高いアクティブ運用型投資信託に手を出さないよう促した。

バークシャーのアップル株投資、含み益16億ドル超に

[ニューヨーク 25日 ロイター] - 米著名投資家ウォーレン・バフェット氏が率いるバークシャー・ハザウェイは、保有するアップル株から16億ドル超の含み益を得ていることが、25日発表した年次報告で明らかになった。

東電PG、社債発行額を900億円に増額 3年債400億円・5年債500億円=訂正届出書

[東京 27日 ロイター] - 東電グループとして6年半ぶりの社債発行を年度内に予定している東京電力パワーグリッド(PG)は、発行総額を900億円に増額することを決め、27日、訂正有価証券届出書を関東財務局に提出した。今月15日に提出した届出書では、発行総額を700億円としていたが、投資家からの好調な需要を踏まえ、発行規模を拡大する。

寄り付きの日経平均は続落、円高嫌気で輸出株が売られる

[東京 27日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比153円03銭安の1万9130円51銭となり、続落して始まった。米国市場でダウは連日で最高値を更新しているが、為替が1ドル112円台前半まで円高方向に振れたことで、輸出株に売りが先行した。

焦点:ドイツの「庶民派」シュルツ氏、メルケル首相に勝てるか

[ビーレフェルト/ベルリン 22日 ロイター] - ドイツ国内での行政経験といえば市長だけ、対する相手は欧州最強の指導者だ。それでもマルティン・シュルツ氏は、11年にわたるメルケル政権に終止符を打ち、欧州におけるドイツの役割を根本的に変えようと考えている。

今日の株式見通し=軟調、円高進行を嫌気し売り優勢

[東京 27日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、軟調な展開が見込まれる。前週末の米国株は上昇したが、為替が1ドル112円台前半まで円高方向に振れている。主力輸出株などに売りが先行しそうだ。28日のトランプ米大統領による議会演説を控えて、様子見ムードが広がりやすく、安寄り後は方向感なくもみ合うと予想される。

トランプ米大統領、ホワイトハウス記者会の夕食会欠席へ

[ワシントン 25日 ロイター] - トランプ米大統領は25日、ホワイトハウス記者会が例年開催する夕食会に「今年は出席しない」とツイッターで表明した。選挙期間中から報道機関と緊張関係にあるトランプ氏は、一部メディアを「米国民の敵」と呼ぶなど批判を強めている。

トランプ大統領の演説に注目=今週の米株式市場

[ニューヨーク 24日 ロイター] - 27日からの週の米株式市場では、トランプ大統領による28日の上下両院合同本会議での演説が注目される。株高が継続するうえで必要な具体的な施策が示されるかどうかが鍵だ。