エディション:
日本

シャープ、17年度は4年ぶり最終黒字狙う 米で液晶工場も

シャープは26日、未公表だった2018年3月期の業績予想を公表した。純損益は590億円の黒字を見込む。実現すれば最終黒字化は4年ぶり。親会社の鴻海(ホンハイ)精密工業が検討している米国での液晶パネル工場について記者会見した戴正呉社長は、「条件が合えば米国で新しい工場を作りたい」と述べ、シャープも計画に加わる可能性を示唆した。

トランプ氏とマクロン氏、初会談で「握手外交」

トランプ米大統領とマクロン仏大統領は25日、北大西洋条約機構(NATO)首脳会議に出席するために訪れたベルギーで初めて顔を合わせた。握手を交わした際に互いの手を強く握りしめ、なかなか離さなかったことが話題を呼んでいる。

コラム:トランプ離れと米景気減速が招く円高=亀岡裕次氏

[東京 25日] - トランプ米大統領とロシアとの癒着疑惑がクローズアップされている。連日、マスメディアからロシア疑惑に関する報道が相次いでいるのは、トランプ政権を擁護する者が減り、情報をリークする者が増えているためだろうか。