エディション:
日本

ECB理事会後のドラギ総裁発言要旨

欧州中央銀行(ECB)は20日の理事会で、超緩和的な政策スタンスも据え置くとともに、見通しが悪化すれば資産買い入れを拡大する道も残した。

コラム:株高「楽観」の落とし穴=村上尚己氏

[東京 20日] - 前回6月7日付のコラム「株高と債券高、偽シグナルはどちらか」では、1)米国の株高と債券高は持続しない、2)米国など株式市場は楽観方向に過度に傾いている、との認識を筆者は示した。

オピニオン:見えてきた「トランプ対世界」=安井明彦氏

[東京 19日] - トランプ米大統領誕生から半年。浮かび上がってきたのは、自由貿易主義を表看板に掲げた「米国包囲網」の形成であり、「トランプ対世界」の構図だと、みずほ総合研究所の安井明彦・欧米調査部長は指摘する。

日銀総裁会見:識者はこうみる

日銀の黒田東彦総裁は20日の金融政策決定会合後の記者会見で、物価目標達成時期を先送りした理由について、企業や家計の物価見通しが足元の水準に大きく左右されやすい点を「十分勘案していなかったと言わざるを得ない」と述べ、「何回もの先送りは残念」と振り返った。

各国と同じ物価目標、為替安定に資す=黒田日銀総裁

日銀の黒田東彦総裁は20日の金融政策決定会合後の記者会見で、欧米各国でも、雇用がひっ迫しているわりには物価が上がりにくい状況になりつつあると指摘した。一方、2%の物価目標はグローバル・スタンダードであると改めて強調し、各国が同じ物価目標を掲げれば為替の安定に資すと明言した。