エディション:
日本
Photo

みずほFG、6月にフィンテックで新会社 まずは貿易取引 4:10pm JST

[東京 26日 ロイター] - みずほフィナンシャルグループは6月、金融と情報技術を融合させたフィンテックを活用して新事業を始める新会社を立ち上げる。まずは、仮想台帳の仕組みであるブロックチェーン技術を使い、貿易金融の決済事務に取り組む。みずほのデジタルイノベーション担当の山田大介常務がインタビューで語った。記事の全文

Photo

シャープ、17年度は4年ぶり最終黒字狙う 米で液晶工場も

[堺市 26日 ロイター] - シャープは26日、未公表だった2018年3月期の業績予想を公表した。純損益は590億円の黒字を見込む。実現すれば最終黒字化は4年ぶり。親会社の鴻海(ホンハイ)精密工業が検討している米国での液晶パネル工場について記者会見した戴正呉社長は、「条件が合えば米国で新しい工場を作りたい」と述べ、シャープも計画に加わる可能性を示唆した。

Photo

米S&P500とナスダック最高値更新、小売決算好調

[ニューヨーク 25日 ロイター] - 25日の米国株式市場は、主要株価指数が続伸して取引を終えた。家電量販最大手ベスト・バイなど小売り大手の好決算を受けて消費関連銘柄が買われ、S&P総合500種とナスダック総合の両指数は終値として過去最高を更新した。

Photo

コラム:トランプ離れと米景気減速が招く円高=亀岡裕次氏 5:11pm JST

[東京 25日] - トランプ米大統領とロシアとの癒着疑惑がクローズアップされている。連日、マスメディアからロシア疑惑に関する報道が相次いでいるのは、トランプ政権を擁護する者が減り、情報をリークする者が増えているためだろうか。

Photo

コラム:米小売り大手の業績回復期待は当て外れか

[ニューヨーク 25日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 25日に発表された米小売り大手シアーズ・ホールディングス、アバクロンビー・アンド・フィッチ、ベスト・バイの決算は、軒並み堅調な数字となり、小売り大手の業績回復期待が高まった。株式市場では消費関連株が買われ、S&P総合500種とナスダック総合の両指数は終値として過去最高を更新した。

Photo

米WD、2兆円で買収提案

 経営再建中の東芝が売却手続きを進めている半導体子会社「東芝メモリ」(東京)を巡り、三重県四日市市の工場に共同投資する米ウエスタン・デジタル(WD)が総額2兆円の買収提案をしていることが24日、分かった。東芝側は難色を示している。綱川智社長が同日午後、WDのスティーブ・ミリガン最高経営責任者とトップ会談して事態打開を目指す。

写真

格下げ軽視できない訳

中国は格下げで気を引き締めざるを得なくなった。  記事の全文 | 関連記事 

写真

薄れる政治効果

英マンチェスターの自爆攻撃で、イスラム国が素早く犯行声明を出したことは、驚くに値しない。  記事の全文 | 関連記事 

写真

弾劾に値するか

「情報漏えい者を探すよう求めてきた」とつぶやいたトランプ氏。それを望むなら鏡を見ればよかったのだ。  記事の全文 | 関連記事 

トップセクション