エディション:
日本
Photo

米FOMC、資産縮小「比較的早期に」:識者はこうみる 11:03am JST

[27日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)は26日までに開催した連邦公開市場委員会(FOMC)で金利を据え置くとともに、「比較的早期に」バランスシートの縮小に着手する考えを示した。記事の全文

写真

ジャネット・イエレン氏

(前FRB副議長、歳)

100年の歴史を持つFRB初の女性議長となった。

2010年からFRB副議長。バーナンキ議長の積極的な景気支援措置を支持し続け、失業率を下げるために多少のインフレは容認する「ハト派」とみなされている。

金融・経済政策に関する経験は豊富。クリントン政権で経済諮問委員会(CEA)委員長、その後、サンフランシスコ地区連銀総裁を務めた。

著名な経済学者。エール大学で博士号を取得、カリフォルニア大学バークレー校やハーバード大学で教鞭を執った。夫はノーベル賞を受賞した経済学者のジョージ・アカロフ氏。息子も経済学の大学教授で、13歳までに経済学を志したという。

写真

スタンレー・フィッシャー氏

(前イスラエル中銀総裁、歳)

旧北ローデシア(現在のザンビア)生まれ。

イスラエルと米国両方の市民権を有する。イスラエル中銀総裁としての在任期間は8年で、2013年6月に退任。

1994─2001年に国際通貨基金(IMF)筆頭副専務理事、それ以前は世界銀行でチーフエコノミストの職に就いていた。

長年、マサチューセッツ工科大学(MIT)で経済学の教鞭をふるったフィッシャー氏の教え子には、バーナンキFRB前議長や欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁、サマーズ元米財務長官に加え、グレゴリー・マンキュー氏など著名経済学者が名前を連ねる。

写真

米中経済戦争の可能性

米中関係の蜜月は足元で崩れつつあり、貿易摩擦が報復合戦に発展する恐れは高まっているとネクスト経済研の斉藤洋二氏は指摘。  記事の全文 

写真

中銀総裁の「正常化」

金融政策が経済政策の主役の座から降りる中で、総裁に必要なイメージも4番バッターではなくなっていくと野村総研の井上哲也氏は指摘。  記事の全文 

写真

自身の恩赦可能か

「ロシア疑惑」捜査拡大を阻止するため、トランプ大統領が自身に恩赦を与えることはできるのか。   記事の全文 | 関連記事 

写真

自らの「雇用危機」

米ホワイトハウスは、自らの「雇用危機」を招いている。  記事の全文 | 関連記事 

写真

中国投資敬遠を

投資家が中国を敬遠すべき理由は。  記事の全文 | 関連記事 

トップセクション