エディション:
日本
Photo

コラム:不透明なトランプ時代、日本にできること=加藤隆俊氏 5:33pm JST

[東京 26日] - 変動相場制移行後の40数年間を振り返って、日本の安全保障を巡る国際情勢の先行き展開がこれほどまでに不安定さを増し、懸念される状況はなかったのではないか。記事の全文

写真

ジャネット・イエレン氏

(前FRB副議長、歳)

100年の歴史を持つFRB初の女性議長となった。

2010年からFRB副議長。バーナンキ議長の積極的な景気支援措置を支持し続け、失業率を下げるために多少のインフレは容認する「ハト派」とみなされている。

金融・経済政策に関する経験は豊富。クリントン政権で経済諮問委員会(CEA)委員長、その後、サンフランシスコ地区連銀総裁を務めた。

著名な経済学者。エール大学で博士号を取得、カリフォルニア大学バークレー校やハーバード大学で教鞭を執った。夫はノーベル賞を受賞した経済学者のジョージ・アカロフ氏。息子も経済学の大学教授で、13歳までに経済学を志したという。

写真

スタンレー・フィッシャー氏

(前イスラエル中銀総裁、歳)

旧北ローデシア(現在のザンビア)生まれ。

イスラエルと米国両方の市民権を有する。イスラエル中銀総裁としての在任期間は8年で、2013年6月に退任。

1994─2001年に国際通貨基金(IMF)筆頭副専務理事、それ以前は世界銀行でチーフエコノミストの職に就いていた。

長年、マサチューセッツ工科大学(MIT)で経済学の教鞭をふるったフィッシャー氏の教え子には、バーナンキFRB前議長や欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁、サマーズ元米財務長官に加え、グレゴリー・マンキュー氏など著名経済学者が名前を連ねる。

写真

トランプ時代、日本の重責

過去40年余りを振り返り、日本の安全保障を巡る国際情勢がこれほどまで不安定さを増したことはなかったと加藤隆俊元財務官は指摘。  記事の全文 

写真

トランプ離れが招く円高

米議会の離反でトランプ政権が再び「外弁慶」化すれば、米景気減速懸念と合わさって円高が進みかねないと大和証券の亀岡裕次氏は分析。  記事の全文 

写真

格下げ軽視できない訳

中国は格下げで気を引き締めざるを得なくなった。  記事の全文 | 関連記事 

写真

薄れる政治効果

英マンチェスターの自爆攻撃で、イスラム国が素早く犯行声明を出したことは、驚くに値しない。  記事の全文 | 関連記事 

写真

弾劾に値するか

「情報漏えい者を探すよう求めてきた」とつぶやいたトランプ氏。それを望むなら鏡を見ればよかったのだ。  記事の全文 | 関連記事 

トップセクション