エディション:
日本
Photo

ドル続落、独首相発言でユーロは一時半年ぶり高値=NY市場 6:35am JST

[ニューヨーク 22日 ロイター] - 終盤のニューヨーク外為市場では、米国政治情勢の不透明感などを背景にドルが続落した。ユーロは、メルケル独首相がユーロが「弱過ぎる」と発言した影響で上昇し、午前中に一時半年ぶり高値を付けた。記事の全文

Photo

焦点:APEC、共同声明見送り 「保護主義」巡り米と対立 2017年 05月 22日

[ハノイ 21日 ロイター] - ベトナムの首都ハノイで開かれたアジア太平洋経済協力会議(APEC)貿易相会合は、米国と他の20カ国の保護主義に関する意見対立が浮き彫りとなり、共同でまとめる閣僚声明の採択が見送られた。就任後初の国際舞台に臨んだライトハイザー米通商代表部(USTR)代表としては、トランプ政権が打ち出している「公正な貿易」という土俵に他国を引っ張り込むことができなかった。

写真

弾劾に値するか

「情報漏えい者を探すよう求めてきた」とつぶやいたトランプ大統領。それを望むなら鏡を見ればよかったのだ。  記事の全文 | 関連記事 

写真

「ウォーターゲート・ショック」再来か

FBI長官の電撃解任は、ウォーターゲート事件当時のような弱気相場を招くか。  記事の全文 | 関連記事 

写真

一帯一路で国内反発も

「一帯一路」構想の大攻勢は、中国が15世紀に経験したような、国内からの反発を招く可能性がある。  記事の全文 | 関連記事 

写真

ロシアゲート円高説の限界

トランプ大統領がロシア疑惑で弾劾リスクにさらされたとしても、中長期で円高要因とは限らないとJPモルガンの佐々木融氏は分析。  記事の全文 

写真

円高の夏、増幅あるか

ロシアゲート問題は、もともと到来が予想される「円高の夏」の勢いを増幅する恐れがあるとネクスト経済研の斉藤洋二氏は指摘。  記事の全文 

トップセクション