エディション:
日本
Photo

視点:トランプ円安は幻想、進む「米国の日本化」=青木大樹氏 12:24pm JST

[東京 21日] - トランプ米国新政権の経済政策には潜在成長率の向上を促すような具体策が乏しいため、リーマン・ショック以降進行している米国経済の「日本化」(高貯蓄・低生産性・高齢化)に歯止めがかかることは期待しにくいと、UBS証券ウェルス・マネジメント本部の最高投資責任者(CIO)兼チーフエコノミストの青木大樹氏は指摘する。記事の全文

Photo

焦点:保護主義打ち出したトランプ大統領、不透明感増す日米関係 2017年 01月 21日

[東京 21日 ロイター] - 米国のトランプ新大統領が20日の就任演説で明確に打ち出したのは、保護主義的な政策による「米国第一主義」だった。直後に環太平洋連携協定(TPP)からの離脱を表明、日本政府関係者からは、自由貿易の促進を掲げる主要7カ国(G7)の結束が揺らぎかねないとの懸念が浮上している。当初、1月下旬をめどに模索していた日米首脳会談も2月以降に先送りされる方向で、日米関係の先行きは不透明感が増している。

注目の商品

写真

リアリティー番組

トランプ政権が米史上最も型破りで奇妙な政権の1つになるとしても不思議はない。  記事の全文 | 関連記事 

写真

中間管理職的な大統領

トランプ氏の言動は、企業で言えばCEOというよりも中間管理職のようだ。  記事の全文 | 関連記事 

写真

ドル高「政治問題化」も

米国で情報収集すると、トランプ政権がドル高を政治問題化する可能性に言及する向きは少なくないと野村総研の井上哲也氏は指摘。  記事の全文 

写真

トランプ相場再起動の条件

昨年11月以来のトランプ相場は現在、調整期にあるが、米金利動向次第では再起動もあり得るとSMBCフレンド証の岩下真理氏は指摘。  記事の全文 

トップセクション