エディション:
日本

ロイター・インタビュー

Photo

英自爆犯の父親「息子は普段通りだった」、直後に拘束

[トリポリ 24日 ロイター] - 英マンチェスターで自爆攻撃を実行し22人を殺害したサルマン・アベディ容疑者の父親は、息子と最後に電話で話したのは約5日前で「普段通りだった」と、リビアの首都トリポリでロイターに語った。 | ビデオ

Photo

オバマケア代替案の成立は前途多難=共和党上院院内総務

[ワシントン 24日 ロイター] - 米共和党のマコネル上院院内総務は24日、ロイターとのインタビューに応じ、医療保険制度改革(オバマケア)代替法案の議会通過は厳しい状況にあるとの見方を示した。

Photo

インタビュー: 地銀と連携、システム共通化で費用削減=りそな社長

[東京 25日 ロイター] - りそなホールディングスの東和浩社長は、ロイターとのインタビューで、今後、地銀との連携を広げて、決済や事務などのシステムを共通化し、コスト削減を図っていく考えを示した。

Photo

インタビュー:資源下振れでも4000億円の基礎営業CF安定創出=三井物産社長

[東京 24日 ロイター] - 三井物産の安永竜夫社長は24日、資源価格の変動リスクに向き合う中で、経営の舵取りにおいては、キャッシュフローを重視する姿勢をあらためて示した。その上で、安定的に4000億円規模の基礎営業キャッシュフローを継続的に生み出すことに自信を示した。ロイターのインタビューで語った。

Photo

インタビュー:18年3月期増益必達、米がリスク=新日鉄住金副社長

[東京 23日 ロイター] - 新日鉄住金の栄敏治副社長はロイターとのインタビューで、2018年3月期は増益は必達との考えを示した。設備投資や設備修繕費などを継続的に賄うためにも、1トンあたり5000円の鋼材の値上げを実施、さらなるマージン改善に取り組む方針。

Photo

インタビュー:世界は常に不確実、リスク分散図るオルタナ戦略に勝機=CFM

[東京 22日 ロイター] - 高度な数学的手法や数理モデルを駆使して運用を行う仏クオンツファンド、CFM(キャピタル・ファンド・マネジメント)のフィリップ・ジョーダン取締役は22日、ロイターとのインタビューで、世界は常に不確実性に満ちており、リスクの分散を図るオルタナティブ戦略に勝機を見出していると語った。

Photo

インタビュー:研究開発費は今期ピーク、人員維持=SUBARU社長

[東京 22日 ロイター] - SUBARU(スバル)の吉永泰之社長はロイターとのインタビューで、同社の研究開発費は過去最高となる2018年3月期(今期)の1340億円(計画ベース)がピークとの見通しを明らかにした。

Photo

ECB、緩和縮小を待ち過ぎるべきではない=クーレ専務理事

[フランクフルト 18日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のクーレ専務理事は、インフレの回復が確認されれば、緩和縮小をあまり長く待つべきではないとの認識を示した上で、必要であれば早期の利上げも理論的には可能と語った。

Photo

コラム:円安株高は行き過ぎか、気になるシグナル=村上尚己氏

[東京 15日] - 前回4月7日付のコラムでは、リスク回避的な市場心理が強まる中で、米国債と日本円が割高であると指摘した。

Photo

インタビュー:EUと中国の投資協定、早急に締結を=欧州副委員長

[北京 15日 ロイター] - 欧州連合(EU)欧州委員会のカタイネン副委員長(経済・通貨担当)は15日、EUと中国の投資協定を早急に締結する必要があるとの見解を示した。

写真

格下げ軽視できない訳

中国は格下げで気を引き締めざるを得なくなった。  記事の全文 | 関連記事 

写真

薄れる政治効果

英マンチェスターの自爆攻撃で、イスラム国が素早く犯行声明を出したことは、驚くに値しない。  記事の全文 | 関連記事 

写真

弾劾に値するか

「情報漏えい者を探すよう求めてきた」とつぶやいたトランプ氏。それを望むなら鏡を見ればよかったのだ。  記事の全文 | 関連記事 

トップセクション