エディション:
日本

ロイター・インタビュー

Photo

欧州株の投資判断引き上げ、仏大統領選受け=ドイチェAMCIO

[東京 26日 ロイター] - 欧州の資産運用大手ドイチェ・アセット・マネジメントが24日、週末に行われたフランスの大統領選第1回投票の結果を受けて、欧州株式の投資スタンスを引き上げたことが分かった。ステファン・クロイツカンプ最高投資責任者(CIO)がロイターとのインタビューで明らかにした。

Photo

インタビュー:地方貸出業務見直し、地銀と協力関係=みずほ銀頭取

[東京 25日 ロイター] - みずほフィナンシャルグループ傘下のみずほ銀行頭取に就任した藤原弘治氏は、ロイターとのインタビューで、地方で住宅ローンに代表される貸出業務の見直しを進め、地域金融機関と協力関係を築く方針を示した。

Photo

外債1000億円積み増し、オルタナティブを強化=朝日生命運用計画

[東京 24日 ロイター] - 朝日生命保険の2017年度の運用計画では、為替ヘッジ付き外債を中心に外貨建て債券を1000億円積み増す方針だ。一方、インフラファンドなど昨年度から取り組んでいるオルタナティブ投資を活用することで収益向上に努める。

Photo

インタビュー:北朝鮮問題で6カ国協議の再開目指す=韓国大統領候補の安氏

[ソウル 24日 ロイター] - 韓国の朴槿恵前大統領の罷免に伴う大統領選で、中道系野党「国民の党」の公認候補となった安哲秀氏は、ロイターの取材に書面で応じ、自身が大統領に選出された場合、朝鮮半島の非核化に向けた6カ国協議の再開を目指す方針を明らかにした。

Photo

インタビュー:台湾、米の為替監視対象からの除外に自信=経済部長

[台北 21日 ロイター] - 台湾の李世光・経済部長はロイターの取材に応じ、台湾の対米貿易黒字は米政府の想定よりもかなり少ないため、話し合いを通じ、米財務省の為替監視対象から台湾が除外される可能性があるとの見方を示した。

インタビュー:個人向け資産運用・管理業務に注力=橋本・三井住友信託社長

[東京 21日 ロイター] - 三井住友トラスト・ホールディングスの大久保哲夫社長と、傘下銀行の橋本勝社長は、ロイターとのインタビューで、ビジネスモデルの改革を進め、今後は個人向けの資産運用や資産管理業務を拡大していく方針を示した。

Photo

「東京五輪」視野に、じわりリスク資産シフト=17年度・富国生命運用計画

[東京 18日 ロイター] - 富国生命保険の2017年度の一般勘定の運用方針では、じわりとリスク資産にシフトする。過去に投資した高収益資産の「果実」が見込めるため、地政学リスクなど不透明要因が多い中では、無理な利回り追求はしない。だが、高収益資産も2020年ごろに償還のピークを迎える。将来を見据え、社債や高配当株などを今後5年間で5000億円程度積み増す方針だ。

Photo

インタビュー:持株会の戦略を強化、若い顧客取り込み=野村証社長

[東京 13日 ロイター] - 野村証券の森田敏夫社長はロイターとのインタビューで、顧客層のすそ野を広げるため、従業員持株会制度(ESOP)へのサービス拡充や取り組みを強化する方針を示した。

Photo

インタビュー:日米貿易協定、拒否する理由ない=伊藤元重氏

[東京 13日 ロイター] - 伊藤元重・東京大学名誉教授(学習院大教授)は、18日に第1回会合を開く日米経済対話で、貿易不均衡問題がテーマの1つになるとしても、対ロシア関係や北朝鮮問題を抱える米国は、日米関係の強化を優先、日本に厳しく対することはないとの見方を示した。

韓国最大野党、文氏が大統領当選なら中国と対話 THAAD巡り

[ソウル 13日 ロイター] - 韓国の最大野党「共に民主党」の幹部が12日、ロイターとのインタビューに応じ、5月の大統領選で同党候補の文在寅前代表が勝利した場合、中国との首脳会談で両国間の懸案である米新型迎撃ミサイル「THAAD(サード)」の導入問題を解決したいと述べた。

写真

生物兵器の脅威

生物兵器の危険性は見落とされがちだが、テクノロジーと遺伝子工学の進歩が、新たな危険への扉を開く恐れがある。  記事の全文 

写真

禁断のカード切るか

米国が北朝鮮に対して軍事行動に踏み切る可能性は徐々に高まっていると専門家は考えている。   記事の全文 | 関連記事 

写真

真の試練は当選後

フランス大統領選の決選投で本命視されるマクロン候補の「真の試練」は投票後に訪れる。   記事の全文 

トップセクション