エディション:
日本

アベノミクス特集

Photo

配偶者控除見直し、所得税控除「数年で改革」 与党税制改正案が判明 8:35pm JST

[東京 7日 ロイター] - 自民、公明両党の2017年度税制改正大綱案の全容がわかった。焦点だった所得税の配偶者控除見直しでは、年収の上限を現行の103万円から150万円に引き上げると明記。今後、所得税の控除全般の改革に数年かけて取り組むことも盛り込んだ。記事の全文

注目の商品

写真

リパトリでドル高の真偽

現時点でトランプ版リパトリ減税のドル高インパクトを過度に織り込むのは時期尚早だと三菱UFJMS証券の植野大作氏は指摘。  記事の全文 

写真

レーガン相場再来は錯覚

80年代のレーガン相場は70年代の「株式の死」からの回復であり、今回の相場環境は全く異なるとJPモルガンAMの重見吉徳氏は分析。  記事の全文 

写真

トランプ時代の日本

「トランプ時代」に予想される意外な「勝ち組」と「負け組」は。そして日本はどちらか。  記事の全文 | 関連記事 

写真

日本の遠い「黒帯」

コーポレートガバナンスと収益性改善を求めて改革を推し進める日本が「黒帯」を獲得するのはまだ遠い先のことだ。   記事の全文 

写真

大したことない理由

OPEC合意のキモは、これは減産ではなく、市場でダブついている原油を部分的に解消するだけ、という点だ。  記事の全文 | 関連記事 

ロイターニュースランキング

    トップセクション