エディション:
日本
Photo

焦点:サミットで経済認識一致せず、危機強調の裏に増税延期模索の声 7:16pm JST

[伊勢/志摩 27日 ロイター] - 今年の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)では、世界経済の将来的な下方リスクを踏まえ、柔軟な財政政策や構造改革を進めるとの首脳宣言採択にこぎつけた。ただ、他の参加国からは、議長国・日本が提示した「世界経済が直面する危機」との認識に対し、異論も表明され、その溝は埋めきれなかった印象だ。日本の議事進行の裏には、消費増税延期の思惑があったのではないかとの疑念もくすぶっている。記事の全文

アベノミクスは日本を救うのか — 実体経済への効果を検証

  • 日経平均株価
  • ドル/円
アベノミクスは日本を救うのか — 実体経済への効果を検証
  • GDP / CPI
  • 機械受注 / 現金給与指数
  • コアCPI
  • 日銀版コアコアCPI
  • 四半期GDP(前期比)
  • 日銀が物価上昇率の
    目標とする2%
注:2014年4月は消費増税分も反映されている 出典:トムソンロイター・データストリーム

注目の商品

 

米利上げ織り込み後に円高

米利上げ期待による金利上昇はドル高を促すが、リスクオフに点火すれば、円高優勢になりやすいと大和証券の亀岡裕次氏は指摘。  記事の全文 

写真

新興国通貨の明暗鮮明に

ドル高圧力は円よりも新興国通貨に対し強まりやすいが、影響度合いが異なる点に注意が必要だとバークレイズ銀の門田真一郎氏は指摘。  記事の全文 

写真

党大会へ存在感

クリントン氏より、サンダース氏を民主党候補にする方が、トランプ氏に対して大差で勝ちやすいという世論調査も。  記事の全文 

写真

トランプ流の限界

「怒れる有権者」運動を狙うトランプ流で、本選を勝てるのか。   記事の全文 | 関連記事 

写真

「爆買い」失速

中国観光客による高級品の「爆買い」が勢いを失っている。  記事の全文 | 関連記事 

ロイターニュースランキング

    トップセクション