エディション:
日本
Photo

原油先物は小動き、前日の大幅高受け=アジア取引

10:52am JST

[東京 26日 ロイター] - アジア時間26日の取引で原油先物は小動き。前日は、トルコがイラク北部のクルド人自治区から同国に通じるパイプラインの原油輸送を停止すると警告したことなどを背景に3%超上昇していた。記事の全文

Photo

SECへのハッカー、試験送信された実際の企業データを入手=関係筋

[ワシントン/サンフランシスコ 25日 ロイター] - 関係筋によると、米証券取引委員会(SEC)のコンピューターシステムに侵入したハッカーらは、企業がシステムの試験で送信した実際のデータを入手したようだ。

Photo

北朝鮮、米が宣戦布告と主張 爆撃機の撃墜含む対抗手段を示唆

[ニューヨーク/ソウル 25日 ロイター] - 北朝鮮の李容浩(リ・ヨンホ)外相は25日、トランプ米大統領が23日に同外相の国連演説を受けて「彼らの先は長くない」とツイッターに投稿したことについて、北朝鮮に宣戦布告を行ったものだと主張した。その上で、北朝鮮は領空外を飛行する米国の戦略爆撃機の撃墜を含め、あらゆる対抗手段を講ずる権利を有すると警告した。

米WTI原油先物価格の推移

Photo

ドイツ緑の党、連立参加なら自動車・石炭発電業界を圧迫する可能性

9:44am JST

[フランクフルト 25日 ロイター] - ドイツ連邦議会(下院)選挙の結果を受け、メルケル首相率いるキリスト教民主同盟(CDU)が環境政党、緑の党と中道・自由民主党(FDP)と連立を模索する見通しとなる中、緑の党の政策を背景に、同国の自動車産業と石炭発電業界が影響を受ける可能性があるとみられている。

Photo

米朝間の応酬、極めて危険=中国国連大使

6:34am JST

劉氏は「事態の沈静化を望む。過度に危険な状態に陥りつつあり、誰の利益にもならない」と指摘。「朝鮮半島の核問題解決に向けて交渉以外に道は無いと(米朝が)認識することを切に希望する。代替的な方策をとれば災難が訪れる」と述べた。

Photo

米朝の激しい言葉の応酬、致命的な誤解招く恐れ=国連事務総長

6:27am JST

[国連 25日 ロイター] - 国連のグテレス事務総長は25日、米国と北朝鮮による激しい言葉の応酬は致命的な誤解を招く恐れがあるとした上で、政治的な解決こそが唯一の方策との考えを示した。報道官が記者団に明らかにした。

Photo

焦点:メルケル首相、新たな連立で欧州統合推進にブレーキか

8:34am JST

[ベルリン 24日 ロイター] - ドイツの保守与党は、24日に投開票された連邦議会(下院)選挙で予想通り勝利し、メルケル首相の4選が確実になった。ただメルケル氏は、マクロン仏大統領と共同で進めようとしている欧州統合深化に向けた取り組みにおいて、慎重な対応を強いられる恐れがある。

NAFTA再交渉、進展状況に「問題ない」=米首席交渉官

9:48am JST

[オタワ 25日 ロイター] - 北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉で米国の首席交渉官を務める米通商代表部(USTR)のジョン・メレ代表補(西半球担当)は25日、米国側が重要な問題についてまだ具体的な提案を示していないことについて「問題はない」との認識を示した。

写真

ロボット軍拡競争

急速な変化が見込まれるのはドローンなどの無人システムが人間による誘導なしで活動する能力だ。   記事の全文 | 関連記事 

写真

米中混乱で制御不能も

米中関係の混乱が北朝鮮情勢を制御不能なものにする可能性がある。   記事の全文 | 関連記事 

写真

無敵のオーラは本物か

4選が確実視されるメルケル首相だが、選挙後の死角はあるか。   記事の全文 

トップセクション