エディション:
日本
Photo

焦点:保護主義打ち出したトランプ大統領、不透明感増す日米関係

2017年 01月 21日

[東京 21日 ロイター] - 米国のトランプ新大統領が20日の就任演説で明確に打ち出したのは、保護主義的な政策による「米国第一主義」だった。直後に環太平洋連携協定(TPP)からの離脱を表明、日本政府関係者からは、自由貿易の促進を掲げる主要7カ国(G7)の結束が揺らぎかねないとの懸念が浮上している。当初、1月下旬をめどに模索していた日米首脳会談も2月以降に先送りされる方向で、日米関係の先行きは不透明感が増している。記事の全文

Photo

トランプ新大統領がTPP脱退表明、「米国第一主義」推進へ

[ワシントン 20日 ロイター] - ドナルド・トランプ氏は20日、米連邦議事堂で開かれた式典で宣誓し、正式に第45代米大統領に就任した。就任演説では、国内外で「米国第一主義」の政策を推進すると表明した。 | ビデオ

Photo

トランプ新米政権、イスラム過激派打倒を外交の最優先目標に

[ワシントン 20日 ロイター] - トランプ新米政権は20日、イスラム国(IS)など「イスラム過激派テログループ」打倒を外交政策の最優先目標とすることを明らかにした。米ホワイトハウスのウェブサイトに声明が掲載された。

米WTI原油先物価格の推移

トランプ新米政権、気候行動計画など撤廃表明

2017年 01月 21日

[ワシントン 20日 ロイター] - トランプ新米政権は20日、オバマ政権時代の気候行動計画を含む環境問題をめぐる構想を撤廃する方針を示した。

Photo

情報BOX:トランプ新大統領の就任演説全文(英語)

2017年 01月 21日

[20日 ロイター] - ドナルド・トランプ氏が20日、第45代米国大統領に就任。「私たちは、ともにアメリカを再び強く、豊かで、誇り高い、安全な国にする。そして、アメリカを再び偉大にする」と締めくくられた新大統領による就任演説の全文は以下の通り。 | ビデオ

米石油掘削リグ稼働数、4年ぶりの高い伸び

2017年 01月 21日

[20日 ロイター] - 米石油サービス会社ベーカー・ヒューズによると、1月20日までの週の米国内における石油掘削リグ稼働数は551基で、前週比29基増加した。

原油先物上昇、OPEC減産合意順守期待で

2017年 01月 21日

[ニューヨーク 20日 ロイター] - 20日の原油先物市場は、3%近く上昇した。石油輸出国機構(OPEC)など産油国の会合を週末に控え、減産合意順守への期待が広がっている。

Photo

トランプ新政権の保護主義的政策、経済に悪影響=IMF専務理事

2017年 01月 20日

[ダボス(スイス) 20日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は20日、トランプ米新政権の保護主義的な政策について、景気刺激策による効果が打ち消される形となり、経済に差し引きでマイナスの影響が及ぶとの見方を示した。

注目の商品

写真

リアリティー番組

トランプ政権が米史上最も型破りで奇妙な政権の1つになるとしても不思議はない。  記事の全文 | 関連記事 

写真

中間管理職的な大統領

トランプ氏の言動は、企業で言えばCEOというよりも中間管理職のようだ。  記事の全文 | 関連記事 

トップセクション