エディション:
日本

自然災害・環境関連

地震情報

loading...
  •  
  • この情報は、直近1カ月以内に発生した、マグニチュード5.0以上の地震を地図上で示しています。
  • この情報は米地質調査所(USGS)が提供する情報を元に作成しています。日本の気象庁などの機関が発表する情報と異なる場合があります。
Photo

新燃岳の噴火レベル1に引き下げ

6:30pm JST

 気象庁は26日、宮崎、鹿児島両県の霧島連山・新燃岳(1421メートル)について、火山活動が低下したとして噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)から1(活火山であることに留意)に引き下げた。レベル1になるのは2010年5月以来、7年ぶり。記事の全文

各地で少雨、注意呼び掛け

5:24pm JST

 日本列島は4月下旬から高気圧に覆われて晴れる日が続き、広範囲で雨量が少なくなっている。気象庁は26日、東日本の太平洋側と西日本で今後10日程度は少雨傾向が続くとして、農作業などへの注意を呼び掛けた。

南海トラフ対策強化で有識者会議

11:42am JST

 東海地震に備えた大規模地震対策特別措置法(大震法)の抜本見直しと南海トラフ巨大地震の対策強化を話し合う中央防災会議の有識者会議は26日、東京都内で会合を開き、津波到達までの時間が短いといった地域特性や地震の切迫度に応じて対策を講じる必要があるとの見解を示した。

環太平洋火山帯
グラフィックス
トップセクション