エディション:
日本
Photo

コラム:仏経済事情に見るルペン人気の正体=山口曜一郎氏 1:38pm JST

[東京 27日] - ここ最近の欧州政治情勢に関して、市場では懸念がいくぶん後退している雰囲気がある。理由の1つは、15日に行われたオランダ議会選挙で、極右・自由党(PVV)が思ったよりも議席を伸ばせなかった一方、連立与党の1つである自由民主党(VVD)が、議席を減らしながらも第一党の地位を維持したためだ。記事の全文

欧州ニュースマップ地図をクリックすると、各国の国債利回りがご覧いただけます

写真

意外な「助け舟」

ゼロ金利、政治的リスク、不確実な将来と、通貨ユーロが逆境に耐えている裏に圏外からの「手助け」も。  記事の全文 | 関連記事 

写真

「大惨事」の瀬戸際か

欧州域内のどこを向いても、紛れもない危機の嵐のなかで、伝統的な安定は崩れつつある。  記事の全文 | 関連記事 

写真

隠れ見える「計算」

金正恩氏は米国のみならず、中国の忍耐を試しているようだ。  記事の全文 | 関連記事 

写真

不安先行のトランプ円高

トランプ政権の政策実行性への不安に根差すドル円下落は長期化には至らないと、ソニーフィナンシャルHDの尾河眞樹氏は予想。  記事の全文 

写真

FRBが挑む市場対話改革

米FRBが導入するファンチャートなど市場対話に関する改革は、日銀政策運営にも貴重な先例になると野村総研の井上哲也氏は指摘。  記事の全文 

トップセクション