エディション:
日本
Photo

北朝鮮、ミサイル発射の兆候 2016年 05月 30日

 中谷元・防衛相は30日、北朝鮮が弾道ミサイルを発射する兆候があるとして、自衛隊によるミサイル迎撃を可能とする破壊措置命令を出した。日本政府筋は、北朝鮮東部の日本海側で中距離弾道ミサイル「ムスダン」(射程2500~4千キロ)発射準備の動きがあると明らかにした。自衛隊は命令を受け、東京・市谷の防衛省敷地内に、航空自衛隊の地対空誘導弾パトリオット(PAC3)部隊を展開させ、迎撃態勢を取った。記事の全文

北朝鮮と韓国の比較

注目の商品

トップセクション