エディション:
日本

オピニオン

Photo

コラム:トランプ離れと米景気減速が招く円高=亀岡裕次氏 5:20pm JST

[東京 25日] - トランプ米大統領とロシアとの癒着疑惑がクローズアップされている。連日、マスメディアからロシア疑惑に関する報道が相次いでいるのは、トランプ政権を擁護する者が減り、情報をリークする者が増えているためだろうか。

Photo

コラム:中国が国債格下げを軽視できない理由 4:12pm JST

[香港 24日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 中国は国債の格下げで気を引き締めざるをえなくなる。ムーディーズが24日、1989年以降で初めて格付けを引き下げことで、中国の格付けは台湾より低くなった。中国国債の外国人保有比率は極めて低く、国内企業の格付けも個別の論理に基づいて設定されるため、今回の格下げは多分に象徴的な意味しか持たない。しかし中国が海外資金を取り込もうとする試みは、出鼻をくじかれるのではないだろうか。

Photo

コラム:欧州での攻撃増加、薄れる政治的インパクト 3:45pm JST

[23日 ロイター] - 英マンチェスターで22人が死亡した22日の自爆攻撃について、過激派組織「イスラム国」(IS)が素早く犯行声明を出したことは、驚くに値しない。

Photo

コラム:米ETF市場にも高リスク志向の波 2:45pm JST

[ニューヨーク 24日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米シティグループのチャック・プリンス元会長は2007年に、その後の世界金融危機につながる狂乱的な貸し付けについてこう語っていた。「音楽が演奏されている間は踊らなければならない」。今また、かつては刺激の乏しかった上場投資信託(ETF)でリスクを取る動きが強まっている。

Photo

コラム:ECBの政策正常化に2つのハードル=井上哲也氏 12:12pm JST

[東京 25日] - ユーロ圏経済は、家計と企業の双方で高水準のセンチメントを伴いつつ、金融危機以降で最も良好と言える状況になっている。それは、安定した成長率から見ても、消費だけでなく設備投資や輸出の回復を伴う点から見ても、言えることだ。

写真

ECB政策正常化のハードル

欧州中銀(ECB)が来年後半に量的緩和を停止できたとしても、政策金利引き上げには不透明性が残ると野村総研の井上哲也氏は分析。  記事の全文 

写真

独首相悩ます「異形の経済」

ドイツは家計・企業・政府全てが貯蓄過剰に陥っており、他国からの外需依存批判に応戦し難い状況だと、みずほ銀の唐鎌大輔氏は指摘。  記事の全文 

写真

弾劾に値するか

「情報漏えい者を探すよう求めてきた」とつぶやいたトランプ大統領。それを望むなら鏡を見ればよかったのだ。  記事の全文 | 関連記事 

写真

「ウォーターゲート・ショック」再来か

FBI長官の電撃解任は、ウォーターゲート事件当時のような弱気相場を招くか。  記事の全文 | 関連記事 

写真

一帯一路で国内反発も

「一帯一路」構想の大攻勢は、中国が15世紀に経験したような、国内からの反発を招く可能性がある。  記事の全文 | 関連記事 

トップセクション