エディション:
日本

オピニオン

Topics also related to コラム:

Photo

コラム:日銀は長期金利目標を引き上げるか=河野龍太郎氏 7:37pm JST

[東京 17日] - 日銀の金融政策について筆者が今年注目しているのは、金融緩和ではなく、長期金利の誘導目標を引き上げるかどうかである。

Photo

コラム:米中対立で蘇る円高シンドロームの亡霊=村上尚己氏 7:37pm JST

[東京 17日] - トランプ相場が始まった2016年11月からドル高円安は加速し、一時118円台に達したが、2017年に入って一服、現在(日本時間1月17日午後3時現在)は113円前半で推移している。

Photo

コラム:ドル高再開へ、不安は「ポスト真実」=山口曜一郎氏 7:36pm JST

[東京 16日] - 昨年12月に、筆者は今年のドル円相場について、第1四半期に112円まで調整したあと、第4四半期には125円まで上昇するという見通しを立てた。現在は、まさにその調整の過程にある。相場はもうしばらく調整が続いたあと、反転上昇に向かうと見る。

Photo

コラム:英国が直面する「ブレグジットの崖」、転落の影響は 5:41pm JST

[ロンドン 16日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 英国は崖からの転落を回避しようとしている。だが、もし欧州連合(EU)の単一市場から撤退する「ハードブレグジット」を選択することになった場合、英国が転落の道をたどるかどうかは問題なのではない。その転落がどのようなもので、どれほど深刻かが問題なのだ。

Photo

コラム:復活する独裁主義、共通する不吉な経済兆候 5:06pm JST

[ロンドン 12日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 世界各国の政治体制に独裁主義が復活しつつある。ロシアのプーチン大統領、中国の習近平国家主席、トルコのエルドアン大統領といったあたりがその先駆けだ。主要国の指導者として権力を手にし、個人崇拝的な支持を確立している。

注目の商品

写真

長期金利目標上げあるか

日銀は10月に長期金利誘導目標を引き上げると同時に、マイナス金利を深掘りする可能性があるとBNPパリバの河野龍太郎氏は予想。  記事の全文 

写真

円高シンドロームの亡霊

日本の市場関係者の多くは、米政権の意向で政治的にドル安円高が進むという仮説にとらわれすぎているとABの村上尚己氏は指摘。  記事の全文 

写真

中国資金逃避を加速

トランプ氏の「国境税」は、中国からの資本逃避を招き、大きな波紋を与える可能性がある。  記事の全文 | 関連記事 

写真

前途を覆う「ロシア疑惑」

モスクワにおける性的乱行の猥褻な詳細を提示したロシアの情報機関に、トランプ氏が弱みを握られたのではないかという疑惑は尾を引く可能性がある。  記事の全文 

Topics also related to Business:

トップセクション