エディション:
日本

オピニオン

Photo

コラム:トランプ大統領が見つけた「有意義な貿易戦争」 2017年 04月 26日

[ワシントン 25日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米商務省はカナダ産針葉樹材の輸入に平均20%の相殺関税を適用する。米国はかねてからカナダが実質的な補助金を供与していると不満を訴えており、こうした措置を講じる根拠は十分にある。トランプ大統領としても実際に意義のある貿易戦争を見つけた心境だろう。

Photo

オピニオン:トランプ減税、米国の日本化に無力か=青木大樹氏 2017年 04月 26日

[東京 26日] - 3月中旬から続く米長期金利の低下傾向は、トランプノミクスの「不発」リスクを織り込んだ結果であり、見方を変えれば、若干の法人減税など小ぶりな景気刺激策が出るだけでも市場は目先ポジティブに反応する可能性があると、UBS証券ウェルス・マネジメント本部の最高投資責任者(CIO)兼チーフエコノミストの青木大樹氏は指摘する。

Photo

コラム:山積する円高要因、かすむ日米金利差=内田稔氏 2017年 04月 26日

[東京 25日] - 年初118円台を記録したドル円は、米連邦準備理事会(FRB)が昨年12月と今年3月に利上げを実施したにもかかわらず、108円台まで下落した。日米金利差の拡大という上昇材料はあったものの、その効果を打ち消すほど多くの下落材料が存在していたということだ。

Photo

コラム:アルノー氏のディオール完全子会社化、双方が納得 2017年 04月 26日

[ロンドン 25日 ロイター BREAKINGVIEWS] - フランスの高級ブランド、LVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)を率いる実業家ベルナール・アルノー氏が、現在保有していないクリスチャン・ディオールの株式を120億ユーロで買い取る計画を示した。LVMHの株主はこのブランド帝国の簡素化を歓迎するだろう。心憎いのは、アルノー氏が株式取得に自社のキャッシュに加え、競合するエルメスの株式を利用するところだ。

Photo

コラム:ユーロの宿命的矛盾、仏選挙後に噴出か=唐鎌大輔氏 2017年 04月 25日

[東京 24日] - フランス大統領選挙の第1回投票は、当初予想された結果に落ち着いた。5月7日の決選投票はマクロン前経済相と国民戦線(FN)のルペン党首による一騎打ちとなり、マクロン氏の勝利という当初からのメインシナリオが進行中だ。

写真

減税でも米の日本化進むか

現時点で実現可能性が高いトランプ政策のメニューだけでは、米長期金利・ドルの上値余地は限られるとUBS証券の青木大樹氏は分析。  記事の全文 

写真

めじろ押しの円高材料

トランプノミクス期待剥落や金融政策格差縮小などを受けて、ドル円は100―105円圏に向かうと三菱東京UFJ銀行の内田稔氏は予想。  記事の全文 

写真

生物兵器の脅威

生物兵器の危険性は見落とされがちだが、テクノロジーと遺伝子工学の進歩が、新たな危険への扉を開く恐れがある。  記事の全文 

写真

禁断のカード切るか

米国が北朝鮮に対して軍事行動に踏み切る可能性は徐々に高まっていると専門家は考えている。   記事の全文 | 関連記事 

写真

真の試練は当選後

フランス大統領選の決選投で本命視されるマクロン候補の「真の試練」は投票後に訪れる。   記事の全文 

トップセクション