エディション:
日本

コラム:人民元国際化が後退、トランプ時代のアジアに試練

Photo

[香港 15日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 中国は、自国通貨の国際化計画を放棄してしまった。アジア各国はこのことを悔やむ羽目に陥るかもしれない。トランプ米政権下での「ドルショック」に対するリスク回避を強いられる可能性があるからだ。記事の全文

*統計に基づく世論調査ではありません。

2017年の主要イベント

(2016年12月8日時点のデータ)

おすすめの視点

写真

日本が直視すべき課題

日本には、構造改革遂行、対中関係の緊密化、技術革新促進という直視すべき3つの課題があるとモハメド・エラリアン氏は指摘。  記事の全文 

写真

ジョブ型雇用なぜ重要か

長時間労働問題や労働市場二極化の根本的解決には、日本の「就社」的な労働慣行の転換が必要だと大田弘子氏は指摘。  記事の全文 

写真

減税でも米の日本化進むか

現時点で実現可能性が高いトランプ政策のメニューだけでは、米長期金利・ドルの上値余地は限られるとUBS証券の青木大樹氏は分析。  記事の全文 

写真

めじろ押しの円高材料

トランプノミクス期待剥落や金融政策格差縮小などを受けて、ドル円は100―105円圏に向かうと三菱東京UFJ銀行の内田稔氏は予想。  記事の全文 

トップセクション