エディション:
日本

ニュース一覧

トップニュース

寄り付きの日経平均は続落、円高嫌気し200円超の下げ

寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前日比217円55銭安の2万2480円33銭となり、続落して始まった。朝方の外為市場で1ドル110円台後半まで円高が進行。採算悪化懸念から自動車、ハイテクなどの輸出株を中心に利益確定売りが先行している。日銀が長期金利目標やETF(上場投信)などの資産買い入れなどについて柔軟化する検討に入った、と報じられたことも投資家心理を慎重にさせている。石油・石炭製品が安く、電機、輸送用機器も売られている。半面、長期金利の上昇を背景に銀行、保険が高い。

マーケット

株式市場 外国為替 商品先物

スポンサー記事

おすすめ情報



ロイター ニュースメール