エディション:
日本

ニュース一覧

トップニュース

コラム:日銀の政策対応余地広がる、10月緩和の鍵握る米中協議

市場が注目していた日米の中銀イベントをこなし、日経平均は2万2000円台を維持し、ドル/円<JPY=EBS>は107円後半から108円台で取引された。懸念された株安・円高は「杞憂」となり、日銀は次回10月会合に向け、政策判断の余地が広がったのではないか。

世界経済の成長率、金融危機以降で最低に OECDが下方修正

OECDのチーフエコノミスト、ローレンス・ボーン氏はロイターに「一時的な貿易摩擦とみられていたものが、長期の新たな貿易関係に変わりつつある」とし「貿易を規制していた国際秩序は崩壊し、相対的に透明性が低く、2国間中心の、時に強引な貿易関係という新たな時代に入った」と述べた。

7月のユーロ圏経常収支、黒字拡大

欧州中央銀行(ECB)が発表した7月のユーロ圏の経常収支(調整済)は205億4000万ユーロの黒字となり、黒字幅は6月の183億5000万ユーロから拡大した。

マーケット

株式市場 外国為替 商品先物

スポンサー記事

ビデオ

おすすめ情報



ロイター ニュースメール