エディション:
日本

ニュース一覧

リーマン破綻から10年:あれから市場や政治、経済、金融業界に何が起きたか

トップニュース

ドル112円後半、日中などアジア株高でリスクオン

午後3時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、小幅にドル高/円安の112円後半。前日112円半ばの壁を上抜けたことで上昇に弾みがついたものの、リスクオンの環境下でドルと円が同時に売られているため、クロス円の上昇幅に比べてドル/円の上昇は限られた。とはいえ目線は上向きで113円台が視野に入ってきた。

マツダ、7月豪雨の影響で約280億円の営業損失発生の見通し

マツダは21日、7月豪雨の影響による操業の一時休止やその後の生産量抑制によって生産台数が当初計画を下回り、業績に対して約280億円の営業損失となる見通しになったと発表した。生産台数は当初計画より車両4万4000台、海外生産用部品2万3000台の減少となる見通し。今後も今期の生産・出荷計画の精査、見直しを進めるとしている。

来週は円安の持続力、日米通商協議と米金利が左右

来週の外為市場では、日米通商協議と米金利動向が円安の持続力を左右しそうだ。最近の取引レンジ上限に接近したドル/円がこのまま年初来高値の奪回に向かうのか、反落して従来のレンジ内へ再び収まるのか、参加者の間でも見方が割れている。

マーケット

株式市場 外国為替 商品先物

スポンサー記事

おすすめ情報



ロイター ニュースメール