エディション:
日本

ニュース一覧

トップニュース

景気「緩やかに回復」、総括判断7カ月ぶり上方修正=1月月例経済報告

政府は1月の月例経済報告で、「景気は緩やかに回復している」と総括判断を7カ月ぶりに上方修正した。個人消費の持ち直しや雇用情勢の改善が寄与した。この表現は消費税率8%への引き上げ前の2014年3月以来。海外経済では、世界景気が「緩やかに回復している」との見方を維持し、すべての項目を据え置いた。

アングル:ソフトバンクの通信会社上場、「信用力」見極め判断へ

国内通信子会社ソフトバンクの株式上場を検討しているソフトバンクグループが信用力の維持に神経をとがらせている。上場で目先のキャッシュは入るものの、市場がM&A(企業の合併・買収)の原資となるフリーキャッシュフローの外部流出をより強く意識すれば、株価に影響がでかねないためだ。

マーケット

株式市場 外国為替 商品先物

スポンサー記事

おすすめ情報



ロイター ニュースメール