エディション:
日本

トップニュース

コラム:制度疲労の日銀緩和、求められる令和の政策大転換=佐々木融氏

[東京 17日] - 4月末に幕を閉じた平成の30年間は、最初の1年間こそバブル経済のピークへ向かって突き進んだが、その後ほとんどの期間はバブルに踊ったツケを払わされる結果となった。ただ、終盤6年間は「アベノミクス」という名の政策により、バブルの後始末が終わった可能性を感じさせた。

コラム:消費者のアップル提訴、塵も積もれば山となるか

[ニューヨーク/サンフランシスコ 13日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米最高裁は13日、消費者がアプリ販売の仕組みを巡って米アップルを訴えることができるとの判断を下した。同社にとっては小さな敗北かもしれないが、塵も積もれば山となる可能性がある。

マーケット

株式市場 外国為替 商品先物

スポンサー記事

おすすめ情報



ロイター ニュースメール