October 9, 2019 / 7:49 PM / 14 days ago

「トランプ氏弾劾されるべき」、バイデン氏が疑惑巡り沈黙破る

[ロチェスター(米ニューハンプシャー州)  9日 ロイター] - トランプ米大統領がウクライナ政府にバイデン前副大統領の調査を働きかけた疑惑に関連し、これまで基本的に沈黙を守っていたバイデン氏は9日、トランプ氏は就任の宣誓に背き国を欺いたとし、弾劾の必要性を訴えた。

バイデン氏は来年の大統領選挙の民主党の最有力候補。ニューハンプシャー州で行われた選挙キャンペーンで、「トランプ氏は自らの言動で自らを起訴した。司法を妨害し、議会調査を拒否したことで、すでに自らを有罪としたも同然だ」とし、「衆人環視の中でトランプ氏は就任の宣誓に背き、国を欺き、弾劾に値する行為を行った」と厳しく批判した。

その上で「米国の憲法と民主主義を守るために、トランプ氏を弾劾する必要がある」と述べた。

トランプ大統領はバイデン氏の発言に即座に反応。「私自身は何も悪いことはしていないのに、ジョー・バイデン氏が息子のハンター氏と共に少なくとも2カ国に多大な損失を被らせた上で、私自身の弾劾を呼び掛けているのを見るのは悲劇的だ」とツイッターに投稿した。

一連の騒動の中でも、世論調査でバイデン氏の支持率は比較的安定的に推移している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below