Reuters logo
〔アングル〕新日銀委員の起用、円滑な合意形成促す効果 市場対話に期待感も
2017年4月18日 / 07:12 / 7ヶ月後

〔アングル〕新日銀委員の起用、円滑な合意形成促す効果 市場対話に期待感も

[東京 18日 ロイター] - 政府は18日、新しい2人の日銀審議委員候補を国会に提示したが、7月に退任予定の2人が議長(黒田東彦日銀総裁)の提案に反対することが多かったのに比べ、黒田総裁や執行部の政策スタンスに近く、政策の合意形成がより円滑に行われる可能性が高まった。また、メガバンクからの審議委員の起用が復活し、日銀と市場の対話の密度が増すとの期待感も市場関係者の一部から出ている。

審議委員候補として政府が国会に示したのは、三菱UFJリサーチ&コンサルティング・上席主任研究員の片岡剛士氏と、三菱東京UFJ銀行・取締役常勤監査等委員の鈴木人司氏。それぞれ7月23日に任期を迎える木内登英審議委員、佐藤健裕審議委員の後任となる。

片岡氏は、大規模な金融緩和政策を柱に人々のインフレ期待を高めることでデフレ脱却を目指す、いわゆるリフレ派の代表的なエコノミスト。消費税増税に否定的な見解を示している。

同氏は昨年、世界経済の減速や円高などを背景に日本の経済・物価が低迷する中、9月のリポートで「リフレ政策の再起動」を提唱。「デフレからの完全脱却や(政府が掲げる)名目GDP(国内総生産)600兆円という目標と整合的な形での金融緩和策の再構築が必要」と訴えるとともに、積極的な財政出動も求めた。

また、その後の日銀による「量」から「金利」に政策の軸足を移した「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」(YCC)の導入後も、2%の物価安定目標が実現できていない中では「金融政策と財政政策を両輪として働かせること(ポリシーミックス)が求められる」と主張している。

日銀は、2%の物価目標が達成できるまでは、現在のYCCに基づく長期金利ゼロ%の目標を継続する意向を繰り返し強調しており、片岡氏の主張に沿った政策を展開中とも言える。

鈴木氏は、三菱銀行(現三菱東京UFJ銀行)に入行後、市場部門を中心に歩み、市場部門長として同行の市場性収益の拡大に貢献。その後、副頭取に就任した。

市場動向に精通しており、以前から審議委員候補の1人とみられていた。日銀による市場との対話では、これまでの「知見」が生かされるとの期待感が市場関係者の一部にある。

16年1月のマイナス金利政策の導入以降、市場金利が大きく低下する中で、預貸金利ざやの一段の縮小による収益悪化を招くとして、金融界からは日銀の金融政策に対する批判が根強くある。

ある政府関係者は、鈴木氏の審議委員就任によって「ぎくしゃくしていた日銀と金融機関との関係修復も期待できる。円滑な金融政策運営にとってプラスだろう」と述べている。

7月23日に任期を迎える佐藤、木内両審議委員は、これまで量的・質的金融緩和(QQE)の拡充やマイナス金利政策、YCC政策の導入などに反対票を投じてきた経緯がある。

片岡氏と鈴木氏が議長提案に賛成するケースでは、全会一致の議決が増える可能性もBOJウオッチャーの間で予想されている。

金融政策の動向に詳しい野村総合研究所・金融ITイノベーション研究部長の井上哲也氏は、安倍晋三首相が金融政策運営を日銀に一任していると指摘。

そのうえで「マネタリストの片岡氏が提示されたことで、リフレ的な色合いが一層濃くなった印象はあるかもしないが、現在の日銀は緩和拡大に動く必要もなければ、引き締め方向にも動けず、金融政策に影響はそれほどなさそうだ」と分析する。

また、鈴木氏の起用に関し、井上氏は「出身が銀行本流であることを踏まえれば、従来の銀行出身者が金融政策決定会合のメンバーとなる慣習の復活とも読める」とし、「市場との対話という点からみて、マーケットにとってプラス材料」との見方を示している。

国会同意人事は、衆参両院それぞれの同意が必要。各党は人事案について、これから対応を協議して賛否を決めるが、現在は衆参両院で与党が多数を占めており、政府提案が同意される公算が大きい。

日銀審議委員(任期5年)は、日銀の最高意思決定機関である政策委員会のメンバー。同委員会は総裁1人、副総裁2人、審議委員6人の計9人で構成され、年8回開催する定例の金融政策決定会合では、当面の金融政策運営の方針などを決める。 (伊藤純夫、中川泉 編集:田巻一彦)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below