Reuters logo
〔マーケットアイ〕外為:ドル一時113円後半に下落、全人代での17年成長率目標引き下げを嫌気
2017年3月5日 / 22:59 / 9ヶ月後

〔マーケットアイ〕外為:ドル一時113円後半に下落、全人代での17年成長率目標引き下げを嫌気

[東京 6日 ロイター] -

<07:55> ドル一時113円後半に下落、全人代での17年成長率目標引き下げを嫌気

  ドルは114.11円付近。早朝の取引で一時113.80円付近まで下落した。

中国が5日に開幕した第12期全国人民代表大会(全人代)第5回会議で、李克強首相が、2017年の国内総生産(GDP)成長率を6.5%前後を目指すとし、前年の6.5―7%から引き下げた。

「一時より弱まったとはいえ、中国リスクを警戒して、リスク回避の円買いがでたもようだ」(外為アナリスト)という。

ただ、113円後半ではドルの押し目買いが流入し、ドルは再び114円台を回復している。

中国指導部は、また、貸し出し増加や政府支出の拡大を受けて債務の増加や住宅市場過熱への懸念を強めている。

17年のマネーサプライM2伸び率目標は12%前後とし、前年の約13%から引き下げた。財政赤字の目標は、GDP比3%に据え置き。消費者物価指数(CPI)上昇率目標も3%前後に維持した。

李首相は、引き続き積極的な財政政策を実施し、穏健な金融政策を維持するとしたうえで、供給側の改革を推し進め、リスクを管理し金融セクターの安全を確保する措置を講じていくと述べた。

<07:38> ドル113.50─114.70円の見通し、ドル買いの勢い弱まる

ドル/円は114.05円付近、ユーロ/ドルは1.0607ドル付近、ユーロ/円は120.67円付近。

きょうの予想レンジはドル/円が113.50―114.70円、ユーロ/ドルが1.0550─1.0670ドル、ユーロ/円が120.40―121.60円。

前週末のニューヨーク市場では、イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長が、経済が引き続き改善すれば3月利上げが適切と言明したが、利益確定売りを受けてドルが113円後半まで売られた。発言前までに、3月利上げを織り込んでドルが114.75円まで上昇していたことが背景。

6日については「ドル買いの勢いは既に弱まっている。目下の114円ちょうどを中心に上下30銭程度がコアレンジになるとみている」(外為アナリスト)との声が聞かれた。   また、最近のドル/円相場では「下値が徐々に切り上がってきたという印象があるものの、3月利上げの思惑が高まっても115円を付けられなかった」(同)ため、上方向の伸びしろもあまりないのではないか、との指摘もあった。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below