Reuters logo
〔マーケットアイ〕外為:ドル109円前半に下押し、ストップロス巻き込み下げ加速か
2017年4月12日 / 01:12 / 7ヶ月後

〔マーケットアイ〕外為:ドル109円前半に下押し、ストップロス巻き込み下げ加速か

[東京 12日 ロイター] -

<9:59> ドル109円前半に下押し、ストップロス巻き込み下げ加速か

ドル/円は109.45円付近。仲値通過後に一時109.35円に下押しした。市場では「仲値が一巡したあとに下押しが強まる中で、109.50円付近のストップロスを巻き込んで下げが加速したようだ」(国内金融機関)との声が聞かれた。「何らかの材料に反応したというより、フロー主導ではないか」(別の国内金融機関)との見方も出ていた。

<8:55> ドル109円半ばで上値重い、レンジが下方に移行か

ドル/円は109.57円付近で上値は重い。

ソニーフィナンシャルホールディングスの金融市場調査部長、尾河眞樹氏は、110円割れを受けて「短期的には108円のリスクも見た方がよさそうだ」と指摘する。目先の地政学リスクのほか、仏大統領選が近づいていることで下方バイアスがかかりやすいとの見方だ。

ただ、ドル/円はこれまでも、リスク要因がある中で下押ししても110円前半の節目を前に底堅い動きだった経緯がある。足もとの米経済指標も悪くなく「売り込む材料にも欠ける。ここから大きな動きにはなりにくいのではないか」(尾河氏)との見方も聞かれた。

4月に入って110─111円台が軸のレンジ推移だったが、これがやや下方に移行したイメージという。

<8:01> ドル109円半ばで小動き、割安感と警戒感が綱引き

ドル/円は109.68円付近。ユーロ/円は116.28円付近。朝方には海外時間の弱い地合いを引き継いで一時ドル/円は109.53円、ユーロ/円は116.16円付近に下押しした。足元ではやや持ち直している。

約5カ月ぶりの大台割れを受けて値ごろ感が出てきたとの見方がある一方、シリアや北朝鮮情勢の先行きの読みにくさから、一段安への警戒感も根強いという。

市場では「まだ積極的には動きにくい。日経平均の動きを見てから判断しても遅くない」(国内金融機関)との声が聞かれた。

<7:39> ドル109.00─110.00円の見通し、地政学リスクへの警戒で上値重い

ドル/円は109.64円付近、ユーロ/ドルは1.0607ドル付近、ユーロ/円は116.28円付近。

きょうの予想レンジはドル/円が109.00―110.00円、ユーロ/ドルが1.0550―1.0659ドル、ユーロ/円が115.70―116.70円とみられている。

ドル/円やユーロ/円は、シリアや北朝鮮を巡る地政学リスクへの警戒感の高まりを背景に、上値の重さが意識されそうだという。

目先は日経平均株価や米長期金利の動向をにらんだ展開が見込まれる。市場では「株価が大きく崩れないようなら、仲値公示にかけて持ち直すかもしれない」(国内金融機関)との声が聞かれた。

前日の海外時間には、地政学リスクへの警戒から安全通貨とされる円が主要通貨に対して上昇した。米国債利回りが低下したことも影響し、ドル/円やユーロ/円は約5カ月ぶりの安値に沈んだ。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below