Reuters logo
〔マーケットアイ〕外為:ドル110円半ばで弱含み、米国とロシアの対立警戒
2017年4月7日 / 06:12 / 7ヶ月前

〔マーケットアイ〕外為:ドル110円半ばで弱含み、米国とロシアの対立警戒

[東京 7日 ロイター] - <15:08> ドル110円半ばで弱含み、米国とロシアの対立警戒

ドルは110.50円付近。午後は110.69円まで持ち直していたが、米国とロシアの対立が警戒され、小幅に弱含んでいる。

ロシア大統領府は、米国のシリア攻撃は侵略行為であり、国際法に違反しているというプーチン大統領の認識を明らかにした。攻撃は米国とロシアの関係に深刻な悪影響与えるとしている。

<13:42> ドル110円半ばに持ち直し、節目を割り込まず買い戻し 

ドルは110.57円付近。米国のシリア攻撃でリスク回避ムードが強まる中、110.13円まで下落したが、その後は持ち直している。節目の110円ちょうどを割り込まなかったことで買い戻しが入っているとみられる。

シリアへのミサイル攻撃について、米国防当局者は「1度限り」と述べ、現時点では第2弾の攻撃を行う公算は小さいことを示唆した。今のところリスク回避姿勢を強めるような続報がないことも、買い戻しを誘っているとみられている。

<12:10> 正午のドルは110円前半で上値重い、シリアへのミサイル攻撃で円買い

正午のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点と比べ、ドル安/円高の110.40/42円だった。米国がシリアをミサイルで攻撃したと伝わり、リスク回避の円買いが一時強まった。ただ、押し目買い興味が観測されるほか、米中首脳会談や米雇用統計への思惑も根強く、目先の下押しは限られるとみられている。

朝方のドル/円は110円後半でじり高で推移。日経平均株価が100円超高で寄り付いた後に上げ幅を拡げるのを眺め、一時111円を回復するなど、仲値公示を挟んで底堅い動きとなった。

その後、米軍が巡航ミサイルでシリアへの攻撃を開始したと伝わると一転、ドル/円は急落した。リスク回避の円買いが強まり、クロス円も下落した。シリアでは政府軍が禁止されている化学兵器を使用したとされ、多数の死者が出ていた。

米政府高官は50発以上の「トマホーク」ミサイルがシリア政府軍の拠点に向けて発射されたと述べた。別の高官は、作戦は既に完了したとみられると語った。

米10年債利回りが、目先の下値めどと見られていた2.30%を一時割り込み、「ドル/円の上値が抑えられた」(国内金融機関)という。米10年債利回りは昨年11月以来の低水準となる2.289%付近に一時低下した。

心理的節目110.00円にはドル買い興味が観測され、目先のサポートとみられている。米中首脳会談や米雇用統計を見極めたいとの声も聞かれ、「シリア情勢に進展が見られなければ、イベント通過までは一段の下落はないのではないか」(別の国内金融機関)との見方が聞かれた。

仮に110円を割り込んだ場合、トランプ相場の半値押しとなる109.90円付近を維持できるかが焦点になる。IG証券のシニアFXストラテジスト、石川順一氏は「これを割り込めば、108円台に下値めどが移ってくる」と指摘している。

<11:10> ドル110円前半で上値重い、米10年債利回りの2.30%割れが重し

ドル110.25円付近で上値は重い。一時110.15円に下押しした。

米10年債利回りが、目先の下値めどと見られていた2.30%を割り込んだことで「ドル/円の上値が押さえられている」(国内金融機関)という。米10年債利回りは昨年11月以来の低水準となる2.289%付近に一時低下した。

心理的節目110円にドル買い興味が観測され、目先のサポートと見られている。110円を割り込んだ場合、トランプ相場の半値押しとなる109.90円付近が維持できるかが焦点。IG証券のシニアFXストラテジスト、石川順一氏は「これを割り込めば、108円台に下値めどが移ってくる」と指摘している。

<10:28> 米国のミサイル発射でリスク回避の円買い強まる、クロス円も下落

ドル110.27円付近で上値は重い。一時リスク回避の円買いが強まっており、ユーロやポンド、豪ドルといったクロス円の下げも強まった。

これまでのところ、ドル/円は110.25円、ユーロ/円は117.32円、ポンド/円は137.36円付近、豪ドル/円は82.97円付近に、それぞれ一時下落した。

<10:20> ドル110円半ばに急落、米国がシリアで巡航ミサイル発射と伝わる

ドル/円は110.54円付近に急落した。米国がシリアで巡航ミサイルを発射したと報じられたことが材料視されている。

<10:04> ドル110円後半、トランプ政権は為替操作より「不均衡」を重視か

ドル/円は110.92円付近で伸び悩み。

米政府高官が6日、ロイターに対し、トランプ政権が貿易赤字の原因として、為替の「操作」よりも「不均衡」(currency misalignment)を重視していることを明らかにしたことが伝わった。

ニッセイ基礎研究所のシニアエコノミスト、上野剛志氏は「米国の都合のいいように不均衡かどうか決められるおそれがあり、それを是正するよう要求される可能性が高まるように見える」と指摘している。トランプ政権は、中国や日本などの通貨政策を批判している。

これまでは、意図的に操作したかどうかへの言及が多く、日本は日銀の金融緩和については円安誘導でなくデフレ脱却が目的だと説明していたが「操作していなくても不均衡に焦点を当てることで、より通貨安是正を求めやすくするよう考え方を変えてきたのではないか」(上野氏)と見られている。

米政府高官は「為替操作という表現は、われわれが懸念する為替の動きを十分に包含していない」と説明。「為替の不均衡は為替操作とも通貨切り下げとも異なる」と述べ、操作や切り下げの可能性だけでなく、不均衡かどうかという視点からも、為替動向を分析していく方針を示した。

「操作あるいは切り下げがなくても、不均衡な為替が貿易関係を大きく損なうことはあり得る」という。

トランプ大統領は先週、90日間かけて貿易赤字の原因を究明するよう指示する大統領令に署名している。高官の発言からは、為替報告書よりもこの調査に重きが置かれそうなことがうかがえる。

ロス商務長官は先週、大統領令の発表に伴い、為替相場が通常の範囲を外れた場合に為替の不均衡が起こり得ると説明。これは為替の操作だけでなく、故意ではない要因によって起こる場合もあると述べていた。

<9:14> ドル一時111円を回復、株価が上げ幅拡げる

ドル/円は、110.96円付近。日経平均株価が100円超高で寄り付いた後も上げ幅を拡げるのをながめ、じり高に推移。一時111円を回復した。

ただ、その後はやや頭を押さえられている。米中首脳会談や米雇用統計といった重要イベントをにらんだ展開が続き「ポジションを傾けにくい」(国内金融機関)との声が聞かれた。

<8:40> ドル110円後半でやや強含む、中国主席と「友好関係」と米大統領

ドル/円は110.92円付近にじり高。米中首脳によるディナーの前のトランプ米大統領の発言が伝わり、ドル/円はやや強含んでいる。

トランプ米大統領は、中国の習近平国家主席と「友好関係」を築いたと発言。長期的に「非常にすばらしい関係」を築けると思うとした。

<8:23> ドル110円後半で小動き、米中首脳会談が友好ムードなら買い戻しも

ドル/円は110.84円付近で小動き。米中首脳会談や米雇用統計を前に動きにくいとの声が聞かれている。

米中首脳会談では、北朝鮮問題と通商問題の扱いに関心が寄せられる。ただ、市場では、いずれも急進展が期待されているわけではないという。

「友好ムードとはいわずとも、ケンカ別れにならなければ、リスクを警戒して売られてきた分の買い戻しが出るのではないか」(国内金融機関)との声が聞かれた。

足元では北朝鮮問題を優先し、通商問題の議論は先送りとなる可能性も意識されている。この場合にも「ひとまず保護主義的スタンスへの過度な警戒感は後退しそうだ」(別の国内金融機関)とされる。

<7:53> ドル110.20─111.50円の見通し、米中首脳会談の行方にらみ

ドル/円は110.85円付近、ユーロ/ドルは1.0641ドル付近、ユーロ/円は117.96円付近。

きょうの予想レンジはドル/円が110.20─111.50円、ユーロ/ドルが1.0590─1.0710ドル、ユーロ/円が117.30─118.60円とみられている。

きょうは米中首脳会談や米雇用統計といった重要イベントを控えており、内容次第では値幅が拡がる可能性が意識されている。北朝鮮やシリアをめぐる地政学的リスクへの警戒感も高まっており「これらに関連した報道が伝われば動意が出そうだ」(国内金融機関)という。

前日のドル/円は、米中首脳会談や米雇用統計をにらんで上値は限られた。きょうの東京時間もこうした流れを引き継いで目先は動きにくいとされるが「(首脳会談や雇用統計が)インパクトのある結果になったら値幅が拡がる可能性もある」(同)との声も聞かれた。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below