March 28, 2017 / 11:02 PM / 10 months ago

〔マーケットアイ〕外為:ドル111円前半、米温暖化対策撤廃へ大統領令にトランプ氏署名

[東京 29日 ロイター] -

<07:57> ドル111円前半、米温暖化対策撤廃へ大統領令にトランプ氏署名

ドルは111.10円付近。ユーロは1.08155ドル付近。

トランプ米大統領は28日、地球温暖化対策としてオバマ前政権が導入した一連の規制を撤廃する大統領令に署名した。石炭産業の保護を約束した選挙公約を実行に移した格好だが、23の州政府や地方自治体でつくるグループは法廷で争う意向を示している。

大統領令は、州政府に発電所の二酸化炭素(CO2)排出削減を義務付けたオバマ前大統領の「クリーンパワー計画」の撤回を柱とし、環境保護局(EPA)に対し、計画の撤回に向けた正式な手続きを直ちに開始するよう指示している。

前日は、米共和党がオバマケア代替案の復活を検討し4月の可決を目指すとしたことや、予想外の強さを見せた消費者信頼感指数などを受けて、米10年債利回りが2.357%から2.421%まで約7ベーシスポイント上昇した。また、米ダウ工業株30種平均は、150ドル高と9営業日ぶりに反発した。

これらを受けて、ドルはニューヨーク市場で111.20円付近まで上昇したが、その後は伸び悩み、東京の朝を迎えている。

市場では、「レンジ相場が切り替わる中で、下方向の意識が依然強いのではないか」(外為アナリスト)との意見が出ていた。

<07:45>ドル110.40─111.60円の見通し、月末期末のフロー主導の展開か

ドル/円は111.08円付近、ユーロ/ドルは1.0815ドル付近、ユーロ/円は120.12円付近。

きょうの予想レンジはドル/円が110.40―111.60円、ユーロ/ドルが1.0760─1.0860ドル、ユーロ/円が119.60―120.80円とみられている。

前日のニューヨーク市場では、米下院共和党議員が4月にも、医療保険制度改革(オバマケア)の改廃に再び取り組むとしたことや、コンファレンス・ボードが発表した3月の米消費者信頼感指数が過去16年で最高水準に上昇したことなどをきっかけに、米長期金利が上昇し、ドルが買い戻された。

「政策期待が復活したことと米長期金利の上昇がドル上昇の決め手となったとみられるが、前日はドルにとって良いニュースが出そろったわりには、戻りが鈍いという印象だ」(外為アナリスト)という。

「目先のめどは前週末のニューヨーク高値111.38円、また111.59/60円はテクニカルなレジスタンスで、それらを上抜けられるかがポイントとなる」(同)という。

東京市場のきょうの取引はスポ末に当たり、スポット取引の応当日が月末となるため、実需の売り買いが予想されている。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below