February 28, 2017 / 11:10 PM / a year ago

〔マーケットアイ〕外為:ドル111.70─113.70円の見通し、米大統領の議会演説を見極め

[東京 1日 ロイター] -

<7:54> ドル111.70─113.70円の見通し、米大統領の議会演説を見極め

ドル/円は112.86円付近、ユーロ/ドルは1.0574ドル付近、ユーロ/円は119.28円付近。

きょうの予想レンジはドル/円が111.70─113.70円、ユーロ/ドルが1.0500─1.0650ドル、ユーロ/円が118.20─120.20円とみられている。

きょうはトランプ米大統領の議会演説が東京時間の午前11時から予定されており、外為市場では「発言内容に応じて相場が大きく振幅しそうだ」(国内金融機関)と見られている。

イベント通過に伴う調整の動きも警戒され「東京市場だけでは消化しきれず、欧米時間まで相場を追っていかないといけないかもしれない」(別の国内金融機関)との声も聞かれた。

このほかにも、中国の製造業・非製造業PMIや、米個人所得・消費支出、米ISM製造業景気指数(ISM)などの指標発表のほか、複数の米地区連銀総裁の発言機会が予定されている。

<7:20> ドル112円後半で強含み、米利上げは「比較的近い将来」とNY連銀総裁

ドル/円は112.81円付近で強含んで推移している。

ニューヨーク時間の終盤は112円前半で推移していたが、米利上げについてニューヨーク連銀総裁の「比較的近い将来の公算が大きい」とする発言などが伝わり、一時112.90円に上昇した。「ドルショートが巻き戻された」(国内金融機関)との指摘があった。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below