Reuters logo
〔マーケットアイ〕外為:ドル112円半ばで小動き、内閣支持率低下に警戒感も
2017年7月17日 / 23:49 / 4ヶ月後

〔マーケットアイ〕外為:ドル112円半ばで小動き、内閣支持率低下に警戒感も

[東京 18日 ロイター] -

<8:45> ドル112円半ばで小動き、内閣支持率低下に警戒感も

ドル/円は112.60円付近で小動き。

日本で内閣支持率の低下基調が続いており、円安・株高をもたらしたアベノミクスを推進してきた安倍政権の勢力後退は、株安・円高要因との思惑につながりかねないと警戒する声も出てきている。

みずほ証券のチーフ為替ストラテジスト、山本雅文氏は「支持率低下の流れが続くと、余程のサプライズがない限り内閣改造程度では支持率押し上げは難しくなってくるだろう」と指摘。足元は支持率回復のための内閣改造や経済対策への期待感が株安・円高を抑制していると山本氏はみている。

共同通信社は、15、16両日に実施した全国電話世論調査で安倍内閣の支持率が続落し、前回6月より9・1ポイント減の35・8%となったと16日に報じた。時事通信は、7─10日に実施した7月の世論調査で、安倍内閣の支持率が前月比15.2ポイント減の29.9%となったと14日に報じた。2012年12月の第2次安倍政権発足以降、最大の下げ幅で、初めて3割を切ったとしている。

<7:40> ドル112.10─113.10円の見通し、株と金利にらみ

ドル/円は112.57円付近、ユーロ/ドルは1.1478ドル付近、ユーロ/円は129.23円付近。

きょうの予想レンジはドル/円が112.10─113.10円、ユーロ/ドルが1.1420─1.1520ドル、ユーロ/円が128.80─129.80円とみられている。

ドル/円は株と金利をにらんで112円台半ばを軸にもみ合う展開が予想される。連休明けに当たる東京時間には「それなりに実需の買いも期待され、支えになりそう」(国内金融機関)との声が聞かれた。

きょうは英消費者物価指数、独ZEW景気期待指数、米住宅建設業者指数などの指標のほか、豪中銀理事会議事要旨の発表がある。

前週末から週明けにかけての海外市場では、ドルがほぼ全面安の展開となり、対円では約2週間ぶりの安値に沈んだ。6月の米消費者物価指数(CPI)、小売売上高統計が市場予想に届かず、米連邦準備理事会(FRB)が年内に追加利上げに踏み切れるか懐疑的な見方が強まった。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below