Reuters logo
〔マーケットアイ〕外為:ドル113円前半、FOMC議事要旨後の急落は行き過ぎとの見方
February 22, 2017 / 11:45 PM / a year ago

〔マーケットアイ〕外為:ドル113円前半、FOMC議事要旨後の急落は行き過ぎとの見方

[東京 23日 ロイター] -

<08:36> ドル113円前半、FOMC議事要旨後の急落は行き過ぎとの見方

ドルは113.32円付近で小動き。

前日海外時間、米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨が一段のタカ派的な内容ではなかったと受け止められ、公表直後にドルが113円半ばから112.96円まで急落する場面があった。その後、東京時間の朝方にかけて113円前半まで反発している。

議事要旨については「おおむね最近の米連邦準備理事会(FRB)高官の発言に沿ったものと言え、必ずしもハト派的な内容ではなかった。公表後の下げは行き過ぎだったため、もう少し反発する可能性はある」(みずほ証券のチーフ為替ストラテジスト、山本雅文氏)との声が出ていた。

<07:54> ドル112.70─113.90円の見通し、米財務長官発言で下がりにくい

ドル/円は113.33円付近、ユーロ/ドルは1.0553ドル付近、ユーロ/円は119.70円付近。

きょうの予想レンジはドル/円が112.70―113.90円、ユーロ/ドルが1.0490─1.0610ドル、ユーロ/円が118.90―120.10円とみられている。

東京時間のドルは113円前半から半ばを中心にもみ合う展開が予想される。米財務長官の発言が伝わったことで下がりにくくなっており、「日中は112円台への下落はなさそうだ」(外為アナリスト)という。

ただ、タカ派寄りの内容になると市場で期待されていた米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨が「強弱入り混じる内容になった」(同)という受け止めもあり、積極的にドルを買い進めていく勢いもなさそうだ。

ムニューシン米財務長官は、米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)とのインタビューで、強いドルは米国経済に対する信認の証しだとした上で、長期的には「良いこと」だとの認識を示した。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below