February 23, 2017 / 1:25 AM / a year ago

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ幅拡大、米税制改正の後ずれを懸念

[東京 23日 ロイター] -

<10:15> 日経平均は下げ幅拡大、米税制改正の後ずれを懸念

日経平均は下げ幅が100円超に拡大、1万9200円台後半で推移している。銀行、証券、非鉄などが安い。市場では「ムニューシン米財務長官が税制改正の後ずれを示唆する発言をしたと米国メディアで報じられ、海外勢の短期筋から先物売りが出ている」(商品取引会社)という。

<09:09> 寄り付きの日経平均は小幅安、メガバンク弱含む

寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比0円05銭高の1万9379円92銭となり、横ばいで始まった後、下げに転じた。足元では1万9300円台半ばで推移している。

前日の米ダウは9営業日連続の過去最高値更新となったが、ドル/円は113円台前半での値動き。円安基調に一服感がみられる中、外需大型株の一角やメガバンクが弱含みで推移している。TOPIXもマイナス圏。業種別では銀行、証券、鉄鋼などの下げが目立つ半面、空運、海運などが上昇している。

<08:22> 寄り前の板状況、外需大型株は総じて売り優勢

市場関係者によると、寄り前の板状況はトヨタ自動車、ホンダ、キヤノン、ソニー、パナソニックが売り優勢。指数寄与度の大きいファーストリテイリングはやや買い優勢となっているが、ファナックは売り優勢。三菱UFJフィナンシャル・グループ、三井住友フィナンシャルグループ、みずほフィナンシャルグループなどメガバンクも売り優勢となっている。

(ロイター日本語ニュース 金融マーケットチーム E-mail:scoopeqt@thomsonreuters.com 電話:03-6441-1787)

関連データ:東証第1部出来高上位30銘柄,東証第1部値上がり率上位30銘柄,東証第1部値下がり率上位30銘柄,日経平均株価, TOPIX(東証株価指数),TOPIX CORE30,JPX日経インデックス400,日経ジャスダック平均株価,東証マザーズ指数,日経225先物,SGX日経225先物,TOPIX先物,日経225オプション, 株式関連指標の索引ページ

関連アプリ:インデックスムーバー(トムソン・ロイターEIKON検索ボックスで“IMO”と入力)、ウォッチリストアクティビティはreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl:/%2Fapps.cp./Apps/PULSE をクリック

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below