April 3, 2017 / 1:09 AM / 9 months ago

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は伸び悩む、国内金融機関の益出し売り継続との声

[東京 3日 ロイター] -

<10:06> 日経平均は伸び悩む、国内金融機関の益出し売り継続との声

日経平均は伸び悩み、1万8900円台後半で推移している。業種別では石油・石炭が下落率でトップとなっているほか、銀行株も軟調。「上昇スタートとなったが、国内金融機関による益出し売りが継続している。トランプ政権の外交政策などへの警戒感も全体相場の重しとなっている」(中堅証券)との声が出ている。

<09:14> 寄り付きの日経平均は反発、前週末下落の反動で買い先行

寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前日比78円74銭高の1万8988円00銭となり反発して始まった。外部環境は総じてさえないが、日本株は前週後半に下落した反動から小口の押し目買いが先行した。引き続き国内外の政治に不透明感が残るほか、今週は米重要経済指標の発表が相次ぐこともあり、買い先行後の上値は重い。

3月日銀短観は、大企業製造業の業況判断DIが2四半期連続改善、大企業非製造業の業況判断DIは6四半期ぶり改善だったが、株式市場の反応は限定的となっている。

<08:48> 寄り前の板状況、主力輸出株は買い優勢

市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車、ホンダ、キヤノン、パナソニックなどの主力輸出株が買い優勢。指数寄与度の大きいファーストリテイリングは売り優勢、ファナックは買い優勢となっている。

大手銀行株は、三菱UFJフィナンシャル・グループ、三井住友フィナンシャルグループ、みずほフィナンシャルグループがいずれもほぼ売り買い拮抗している。

(ロイター日本語ニュース 金融マーケットチーム E-mail:scoopeqt@thomsonreuters.com 電話:03-6441-1787)

関連データ:東証第1部出来高上位30銘柄,東証第1部値上がり率上位30銘柄,東証第1部値下がり率上位30銘柄,日経平均株価, TOPIX(東証株価指数),TOPIX CORE30,JPX日経インデックス400,日経ジャスダック平均株価,東証マザーズ指数,日経225先物,SGX日経225先物,TOPIX先物,日経225オプション, 株式関連指標の索引ページ

関連アプリ:インデックスムーバー(トムソン・ロイターEIKON検索ボックスで“IMO”と入力)、ウォッチリストアクティビティはreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl:/%2Fapps.cp./Apps/PULSE をクリック

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below