Reuters logo
〔マーケットアイ〕株式:日経平均は高値もみ合い、政治・外交関連材料の反応乏しい
2017年2月15日 / 04:20 / 9ヶ月後

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は高値もみ合い、政治・外交関連材料の反応乏しい

[東京 15日 ロイター] -

<13:18> 日経平均は高値もみ合い、政治・外交関連材料の反応乏しい

日経平均は高値もみ合い。1万9400円台半ばでの値動きとなっている。前日にはフリン米大統領補佐官の辞任に加え、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏がマレーシアで殺害されたとの報道もあった。だが政治・外交関連での材料に対し、市場はほとんど反応していない。

「日米首脳会談もあまりにも無風だった。このところダウンサイドリスクを意識したポジションに対し、相場が逆目に動くケースが多い。ディーラーが減った分、下がったところで買い、上がったところで売るアルゴリズム的な売買が跋扈(ばっこ)している。レンジ相場も長引きそうだ」(国内証券トレーダー)との声が出ている。

<11:48> 前場の日経平均は大幅反発、円安基調を好感 金融株買われる

前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比234円52銭高の1万9473円50銭となり、大幅反発した。過去最高値を更新した米国株や、ドル高/円安方向に振れた為替が支援材料となった。金融セクター主導で戻りを試す展開となり、節目の1万9500円に接近し午前の取引を終了した。TOPIXも急反発。上昇率は1%を超えた。

セクター別ではゴム製品を除く32業種が上昇。上昇率トップは保険業で、銀行、証券がこれに続いた。昨年末時点での債務超過転落を前日に発表した東芝は一時13%を超す下げとなり、2016年4月8日以来、10カ月ぶりに200円を下回る場面があったが、前引けにかけてやや下げ幅を縮小した。

米連邦準備理事会(FRB)のイエレン議長は14日、上院銀行委員会で行った証言で、利上げを待ち過ぎるのは賢明でないとの認識を示した。これを受け米10年債利回りは上昇。ドル/円も114円台まで円安が進行した。

しんきんアセットマネジメント投信・運用部長の藤原直樹氏は「日本株は為替面でのプラス効果と前日の下げの反動もあるが、米長期金利と米国株がともに上昇した点は全体相場にとって大きい。3月の米利上げが織り込まれていない中、強い米経済指標が出てくれば為替へのインパクトも大きく、雰囲気も好転していく」とみる。

東証1部騰落数は、値上がり1491銘柄に対し、値下がりが407銘柄、変わらずが102銘柄だった。

<11:14> 日経平均は堅調維持、市場は米経済指標に注目

日経平均は堅調維持。1万9400円台後半での値動きとなっている。米国で今晩発表される1月小売売上高、消費者物価指数など経済指標に市場の関心が向かっている。「良好な内容となれば、米利上げペースの加速を織り込む形でドル/円に上昇圧力が働きやすい。1ドル115円まで円安が進行すれば、日経平均の2万円台回復も視野に入ってくる」(国内投信)との声が出ていた。

<10:00> 日経平均は高値圏、金融株主導で戻り試す

日経平均は高値圏、1万9400円台後半で推移している。市場では「イエレンFRB議長の発言を素直に好感した。海外勢による金融株買いが主導する形で戻りを試す展開になっている。ただ、1万9500円が抵抗線として意識されている。東芝を巡る不透明感も相場の重しだ」(フジトミ・営業開発室ディレクターの倉持宏朗氏)との声が出ている。

<09:07> 寄り付きの日経平均は反発、米株高・円安受け200円超高

寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比199円83銭高の1万9438円81銭となり、反発して始まった。米国株式市場では主要3指数が過去最高値を更新。米連邦準備理事会(FRB)のイエレン議長が議会証言で、利上げを待ち過ぎるのは賢明ではないとの認識を示したことなどを受け、外為市場では1ドル114円台前半まで円安が進行しており、前日に大きく下げた日本株には買い戻しが入っている。

保険、証券、銀行など金融セクターがしっかり。ゴム製品を除く32業種が値上がりしている。日経平均の上げ幅はその後200円超に拡大した。

<08:15> 寄り前の板状況、主力株は買い優勢

市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車、ホンダ、キヤノン、ソニー、パナソニックが買い優勢。指数寄与度の大きいファーストリテイリング、ファナック、ソフトバンクグループも買い優勢。一方、東芝は売り優勢となっている。

メガバンクは三菱UFJフィナンシャル・グループ、三井住友フィナンシャルグループ、みずほフィナンシャルグループがそろって買い優勢となっている。

(ロイター日本語ニュース 金融マーケットチーム E-mail:scoopeqt@thomsonreuters.com 電話:03-6441-1787)

関連データ:東証第1部出来高上位30銘柄,東証第1部値上がり率上位30銘柄,東証第1部値下がり率上位30銘柄,日経平均株価, TOPIX(東証株価指数),TOPIX CORE30,JPX日経インデックス400,日経ジャスダック平均株価,東証マザーズ指数,日経225先物,SGX日経225先物,TOPIX先物,日経225オプション, 株式関連指標の索引ページ

関連アプリ:インデックスムーバー(トムソン・ロイターEIKON検索ボックスで“IMO”と入力)、ウォッチリストアクティビティはreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl:/%2Fapps.cp./Apps/PULSE をクリック

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below