Reuters logo
〔マーケットアイ〕金利:国債先物は小反発、長期金利0.060%に上昇
2017年3月29日 / 02:18 / 8ヶ月前

〔マーケットアイ〕金利:国債先物は小反発、長期金利0.060%に上昇

[東京 29日 ロイター] - リアルタイム金利データは reuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/ratesviews をクリックしてご覧ください。

<11:09> 国債先物は小反発、長期金利0.060%に上昇

国債先物は小反発で午前の取引を終えた。28日の米債安などから売りがやや優勢になる場面もあったが、中長期ゾーンを対象にした日銀の国債買い入れオペへの期待から下値には買いが入り底堅さをみせた。

現物債は高安まちまち。日銀が通告した「残存3年超5年以下」の買入予定額が前回対比で200億円減額されたことで、5年債利回りに上昇圧力がかかった。長期ゾーンもさえない。一方、超長期ゾーンには連日で月末週特有の需要がみられたことで強含みで推移した。

長期国債先物中心限月6月限の前引けは、前営業日比1銭高の150円46銭。10年最長期国債利回り(長期金利)は前営業日比0.5bp上昇の0.060%。

短期金融市場で、無担保コール翌日物はマイナス0.020─マイナス0.070%付近を中心に取引された。中心レートは前日比較で見ると若干弱含んでいる。ユーロ円3カ月金利先物は小動き。

<10:23> 日銀が国債買い入れを通告、残存3年超5年以下を減額

日銀は午前10時10分、国債買い入れを通告した。予定されていた「残存3年超5年以下」の買入予定額が、前回の4000億円から200億円減額され3800億円となった。市場では「前回から買い入れ額が据え置かれるとの見方が多かったため、想定外という感じだ。国庫短期証券の買い入れを減らす方向のもと、減額するとなれば、残存1年超3年以下、もしくは残存3年超5年以下ということで、今回は残存3年超5年以下が選択されたもようだ」(国内証券)とみている。

ただ、減額による影響は円債相場にみられていない。

他の対象は「残存1年超3年以下」(買入予定額3000億円)、「残存5年超10年以下」(同4500億円)と買入予定額はいずれも前回から据え置かれた。

<08:51> 国債先物は小反発で寄り付く、日銀オペ期待で買い先行

国債先物中心限月6月限は、前営業日比1銭高の150円46銭と小反発して寄り付いた。28日の米債金利に上昇圧力がかかったが、「きょうは中長期ゾーンを対象にした日銀の国債買い入れオペが予定されていることが手掛かりとなり短期筋からの買いが先行している。ただ、株高が想定できることから積極的に上値を追う地合いにはなっていない」(国内証券) との見方が出ている。

日本相互証券の日中画面

トレードウェブの日中画面

国債引値 メニュー

10年物国債先物

日本相互証券の国債引値一覧(10年債)・入札前取引含む

日本相互証券の国債引値一覧(20年債)・入札前取引含む

日本相互証券の国債引値一覧(30年債)・入札前取引含む

日本相互証券の国債引値一覧(2・4・5・6年債)・入札前取引含む

日本相互証券の変動利付国債引値一覧・入札前取引含む

日本相互証券の物価連動国債引値一覧・入札前取引含む

スワップ金利動向

ユーロ円金利先物(TFX)

ユーロ円金利先物(SGX)

無担保コールオーバーナイト金利先物(TFX)

TIBORレート

日本証券業協会 短期国債レート・入札前取引含む

日本相互証券 短期国債引け値・入札前取引含む

LIFFE円債先物

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below